ホーム > 日々 > 2016年2月19日

東京新聞  おしゃれのレシピ 2016年 2月13日掲載

IMG_9447.jpg
東京新聞-1.jpg

東京新聞-2.jpg


友だちと夕方から合う。たまには夕ご飯でもと...待ち合わせた。
友だちは仕事帰りに、私は家から待ち合わせ場所に向かう。

合うなり「ま~迷惑なかっこよね」と笑って言う。
私がデコボコすぎるかっこだというのであった。
ツバ広のハットに四角ばったバスケット。肩には大きなショールは
通勤の混んだ電車はバスではかさばる装うということになるのだろう。
さすが30年の通勤キャリアの友人はコンパクトなダウンコートにしっかりとした革の
かぶせタイプのショルダーバッグを身体に添わせるように掛けている。
ニット帽子と手袋は同色。スッとした縦長の印象でかさばった感じがみじんもしない
のは流石!と感心しきり。
食事の前に買い物をと...冬物大セールのお店に入ってタイトなニットワンピースを買った。
(友がね)

お店で互いにコートを脱げば、ダウンのしたは薄手のパンツとベストを重ねたシャツの友。
私はTシャツにセーター、ニットのモチーフつなぎの暖かいスカートである。
外側?内側か?どちらで温度調節するのかも、環境の違いってことであろう。

生活状況によって服装の違いがあるのは当然のこと...とわかっていながら
実際に並ぶと面白いものだ。

50才ちょい前にして、最近また仕事が楽しくてたまらんと言う友。
アタシもだよ!とすかさず言う。
これもおしゃれのチカラに違いないと思うのだ。

....................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。


長袖のワンピース

2016,02,20-1.jpg
ナイロンの薄手のワンピースは、レトロなデザインである。
ボウタイで結ぶえり。

ワンピース一枚で着るにはちょっと寒いので生成りのセーターを重ねた。
袖口とえりのところをちょっと見せると、ワンピース感も出ると思う。

出かけるときはまだオーバーと手袋が必要だ。
IMG_9437.jpg
スーとの散歩用にと買ったフリースの赤い手袋。
手のひらの部分に皮で補強などしてあって、ヒモをひっぱるのにいいのだ。
これが温かく柔らかくついつい手が伸びてしまう。
「革のおしゃれ手袋」<「フリースの薄汚れた手袋」
IMG_9444.jpg
木から落ちる実で遊ぶのがお好きなスーさん。
IMG_9443.jpg

....................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。


日々

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
2017年10月より小田原市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < February 2016
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のエントリー

月別アーカイブ