ホーム > 日々 > 2017年1月 6日

鯛めし

2016,01,06.jpg

昨日のプレバトの料理コーナーのところで、おいしい鯛めしのつくり方を日本料理の先生が話してた。
鯛まるまるの一尾が、ご飯の上に乗っかっている高級そうな「鯛めし」を雑誌とかテレビとかで見かけたことがあったけれど、食指が動かされたことはなかった。

しかし!昨日の鯛めしは.......というか、つくり方はとてもすっきりと腑に落ち、あ〜理にかなってるなあ〜、そしておいしそう!すぐにつくってみたい!と思えたのだったよ。


「プレバト」は俳句とか料理とか水彩画、生け花などを、タレントさんが競うテレビ番組だ。
こう一行で説明しても、おもしろさは伝わらないと思うけど......。
とってもおもしろいの。
「プレバト」で検索してみてください。
内容がわかりまっす。

生け花と水彩画の先生の判断基準はアタシとはまるで正反対。
ほ〜〜そう見るの?ヘンなのっ...と思うばかり。

俳句の先生と料理の先生とは意見が合います。
(どんだけ気合い入れて見てるんだ?ワシ)
........................
鯛めしのこと。
先生のおっしゃるには、丸ごと一尾をお米にのせると魚の重みでお米が対流できくなるんだって。
ふっくら炊けない。
なので、鯛は切り分けて焼いておく。(厚めの刺身ぐらい)
それをご飯が沸騰したときに、のせると良いってことでした。

出汁はなにも入れなくてオッケー。
鯛から旨みが出るから。
調味料は、酒としょうゆのみ。

で、今日の夕飯につくってみました!
切り身4切れ入りパックが600円。
それを2パック購入。

鯛は骨がふっといし多いから、気をつけて取り除く。
骨まわりの部分は、すべて潮汁用にする。

三つ葉と、ゆずをちょっとのせて完成。
おいしくないわきゃない。

そう!想像したとおりの味です。

鯛めしはうす味にしといて、潮汁の方を少し塩味を効かせると、ちょうどよく食べられる.....つう寸法よ。
(主婦歴36年のチエ)
カブの千枚漬けはスーパーの。
甘酸っぱいアレ。
鯛めしに合うでよ。

しめしめこれ、マイレパートリーに!!

「簡単でおいしい」は最強である。

......................
ブログランキングに参加しています。
明日の更新のエネルギー、ほっぺの上でワンクリックプリーズ!
ニッコリと笑います。(私が密かに)

日々

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
2017年10月より小田原市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < January 2017
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のエントリー

月別アーカイブ