ホーム > 日々 > 2017年5月18日

祈願 高尾山その4

IMG_4033.jpg
信心もなく、本当に無礼な私は途中々にある神仏的なこともアトラクションに見えてしまうが、それでも....やっぱり参加してみたいのである。
信じる者は救われる......かもね?と。

細い木のお札に、お願い事と名前と年齢を書き込み納める。
そうすると、僧侶のみなさんが火にくべてくださるのだという事だった。
護摩札である。

私が護摩札を買って、願い事を書いていたら、横で見ていた同行の友人が私とまるっきり同じことを札に書いて納めてくれてた!
「二人分の方が強力じゃない?」
とかなんとか言って。

サングラスを素早くかけ直し、帽子をオンザ眉毛まで深々とおろしたアタシだ。
IMG_4034.jpg
ありがとう友よ!

天狗に出会ったら、必ず貴女を紹介します!(意味不明ながら、私からの感謝の意ってことでひとつ)

  つづくよ


...................................
名犬のスーさんをなぜなぜしてからクリックするとなぜか良いことがおこります。
あなたと私に!
ワンクリック更新のエレルギーになります!!サンキュー。

アトラクション   高尾山その3

IMG_0496.jpg
山頂までの山道の途中々に、「六根清浄」と書かれた回す石臼みたいなのとか、小さなくぐる門のようなのがある。
いちいちやってみるわたしたちであった。
IMG_0498.jpg
ここ通ると、苦を抜けるのだそう。
ちょっとね、笑うわ。
でも信じてやるに限るのである。

御利益御利益。

.......霊剣のあらたかさは確かにあるんじゃ?
とも感じたこともあった。

それは、山登りはじめてすぐに、私は最初の石段で蹴つまずいた。
それは、足が重くって上がらなかったからである。

同行の友だちがすぐに手を差し伸べてくれて、まあまあね、転ばずに石段を登ったんだけど。

でも山登りするにつれだんだんと足取りが軽やか(というほどでもないけど)になっていったね。
もうつまずきもせず、石段も普通に上がれるようになっていく不思議。

「何かに引っ張り上げられているような....」
とすると、山の神に他ならないかもしんないけど、途中で食べたホットドッグとコーヒーが効いていたのかもしれないし、「だんだん脚が慣れて来た」(友人談)
.......のかもしれない。

しかし、ここは何が何でも高尾山の霊験あらたかさ故としたい我々であった。

     つづく
(たくさん写真を撮っててくれた友に深く深く感謝)

...................................
名犬のスーさんをなぜなぜしてからクリックするとなぜか良いことがおこります。
あなたと私に!
ワンクリック更新のエレルギーになります!!サンキュー。

 1  |  2  | All pages

日々

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
ただ今多摩市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < May 2017
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のエントリー

月別アーカイブ