ホーム > 日々 > ものすごく怪しいメールは....

ものすごく怪しいメールは....

二週間ほど前、私の携帯電話のメッセージ(電話番号でメールが送れるっていう機能)欄に、一通のメールが来ていた。
それには....、
「○○病院に入院しています。会いたいです、来てください。死にそうになったけど、一命をとりとめました」
と書かれていた。
内容が内容だけに、びくぅ〜としつつも、マイ携帯に登録してある電話番号ではなかったし、名前もなかったものだから、【無視】した。

【無視】した後もなんとなくは気になって、親しい友だちや娘に、
「これって、いたずらだよね?」
と、聞いてみたけど、誰もが口をそろえて、
「いたずらっ!!返信なんかしちゃダメだよ!!」
と、いうものだから、私のあやふやな気持ちは確信(いたずらメールって)に変わった。

その後、同じ電話番号から、今度は電話がかかってきたのだ。
あ〜〜アレの電話だ〜!ムシムシと出なかったら、留守番電話に切り替わり、伝言が残された。
ひえ〜〜!なんなんだぁ?と背筋をぞくぞくさせながらも、聞きいてみたくってたまらない欲求を押さえられなかった私である。
無視を決め込んでいたにもかかわらず、怖いもの聞きたさに、伝言を聞く。
「もしもし、ワルイ?、メール見てくれなかった?暇があったら来てください」
と伝言が残されていた。
私のことを「ワルイ」と呼びさらすのは、ごく少数のそれもディープな友だちだけだ。(私の旧姓はワクイなので....)
そして声にも聞き覚えがあった。
きっと、いやゼッタイに○○からだ!
あわてて電話をリターンしたら、あんのじょう○○だった。

ディープな友だち関係でありながらも、そうそう連絡を取り合う仲でもなかったので、携帯電話の登録をしてなかった。

思いがけないひどい病気になり、3月から闘病生活に入っているという。
そしてまだまだ先は長いらしかった。
「週末、会いに行くよ〜」
といって電話を終えた....。

怪しんだメールは怪しくはなかったのだ!
そして今日、見舞いに行ってきた。
まんねん.jpg

「いるもんある?」
ときくと、白髪隠しのためのバンダナが一枚ほしいというので、とびきりおしゃれなヤツを選んで持参する。
怪しんだ懺悔の意味こめて、二枚買った。
それと退屈しのぎになるかな...と思って、パッチワーク用のハギレや針&糸、ボタン、原毛などなど手当りしだい家にあるものを紙袋につめこんだ。
ほしいものをチョイスしてもらえばいいやと思って持っていった。

彼女は病室での入院ライフを思いのほか心底楽しんでいた。
紙粘土で、超リアルな猫を制作したり、英会話のラジオ講座を毎朝聴くのを日課にしているという。
その他、バレエ的要素を取り入れた体操なども。
毎日やることがいっぱいで!といって笑っていた。
私の持参したものも、喜んで受けとってくれた。

入院生活に、それなりに楽しみも見つけているようで、上戸彩似のカワイイ先生やかっこいい男の先生、妙におかしい先生の話しなどもおもしろおかしくしてくれた。
そして死にかけたからこそ、ふっきれたこともあるといっていた。

電話番号登録してなくってすまんかったな!
留守番電話の伝言、ぞくぞくしながらも聞いて良かったよ。
また暇みつけていくぜよ!


日々

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
2017年10月より小田原市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < April 2013
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のエントリー

月別アーカイブ