ホーム > 日々 > 母のそうじ 後編

母のそうじ 後編

私の足元でうつらうつらしてるすーさんで、和むアタシ。
IMG_6735.jpg


母の部屋は物が多いうえ、ものすごくごちゃごちゃしていた。
といきなり本題に突入してみた。はい昨日の続きです。

「私はネズミ年だから」
としばしばいう義母。
確信に満ちたその言葉は、自信か?はたまたあきらめなのか?

こまごましている物が多そうだったので、プラスティック整理ボックスをわたしたけれど、扱い方がわからないという。
整理分類になれてないと途方にくれるものなのね。

電動ベッドを設置するためのスペースの確保と、ベッドまわりを使いよくしつらえてやろう!と片付けをはじめたが、1.5秒で、ああこれはすべては「捨てること」からだと悟った。

「衣類を今の半分......いや30パーセントを処分する方向でいこう」
とキッパリ宣言をし、ゴミ袋を渡したが、母の作業はなかなかはかどらん。

ひとりごとなのか、私にいいわけしてるのか、
「これは大好きな色のシャツだからぁ」
「真夏のお風呂上がりにはこのランニングが必要だから」
「このコートは古いけど、もうひと冬着てから処分を考えようかしら。でも次の冬まで生きてるかしら〜ハハハハ〜」
などと一人ツッコミなどしてうけてるし。
また
「思い出があるから捨てられない」
「使わないけどとっときたいのよ」
と、しゃべるのをやめない。


イライラしてくると同時に、私は自分をわらってしまうのだ。
あ〜アタシもおんなじじゃんと。
古いゴリラの人形、人にはただのボロい人形にしかみえなくても私にとっては思い出いっぱいの「お大事人形」だ。
着古して、よれよれのノビノビの煮染めたようなTシャツは、ねぐるしい夜の友である。

「汚い」「もういらないでしょう」「早く決めて」「捨てて」を禁句にしてがんばった嫁を、どうかどうかひとつここはほめてやってほしい。
作業はなかなかはかどらなかったけれど、スペース確保と今後のより快適(物の少ない)生活をめざして、おやつタイムとかはさみはさみ進めた。

とうとう母は、
「そうねえ...半分はいらない服だわね、バザーに出してくれる?」
といったのだ!!!
うれしくて、安来節などでひと踊りしたかったほどだ。
処分にはいろんな方法があることを説明した後のことだった。
ゴミとしてすてるだけじゃなく、バザーで売る方法、必要な団体に寄付する方法を提案したのだ。
今までタンスに入れてたものを、ゴミ袋に入れるだけなんて悲しいすぎるぜ、そりゃねえ。

そして、いちおうベッドは部屋に設置成功した。
まだまだ押し入れの中は混沌としてるし、食器戸棚はカオス。
三段のボックス棚はどう詰めたらこういう形状になるのか想像もつかない不思議な形になっている。
先は長そうだけど、コツコツやるつもりである。

沢田研二のBGMでBABA部屋そうじ。
ジュリー不可欠。


.....................................
ブログランキングに参加しています。
スカートあたりで、ワンクリックプリーズ!

日々

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
2017年10月より小田原市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < May 2015
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のエントリー

月別アーカイブ