ホーム > 日々 > 2018年7月20日

「いつまでもおしゃれ!」新婦人しんぶん掲載 

「新婦人しんぶん」の連載が始まりました。
一回めは6月28日でした。
..................................................


IMG_8690.JPG


【白髪と肌】
白髪が一本二本・・・と出だしたのはいつ頃だったろうか。
「子どもがまだ小さいうちは、祖母かも?って思われないようにしなくちゃ」
と一生懸命に染めていた記憶があるから50代くらいだったかな。
白髪は老けの象徴のような気がして、子どもらが大人になってもなかなかね髪染めをやめられなかったけれど、娘に子が生まれたら気が抜けるように「老けの象徴」もあっさり受け入れられた。

あれから5年。
前髪方面はいい具合にグレーの面積を増やしつつあるのだが
後ろ髪方面は黒さが抜けてこない。ホワイトV.Sブラックせめぎ合い状態が続く。
2018.0601いつまでも.jpg

しかしそれもクルッと丸めて大きめのお団子ヘアーにすると
目の錯覚か全体がグレー色を強めてくる。お団子にかんざしを挿すのが最近好きなヘアースタイルになった。
貝や透明ガラス(風鈴を小さくしたような)の小さなかんざしは涼気と思う。


しかし、年齢と共に髪のツヤとか強度は減るねぇ〜。パサパサ感や切れ毛も気になるし。
毎日の簡単な手入れでなんとかならんものかと、スクワランオイルやオリーブオイルをちょいちょい髪になじませるようにしている。
シャンプー前とシャンプー後につけるのが自己流だけどパサパサ髪には効き目があるみたいだ。

だんだん白髪面積が拡大されるにつれ、洋服の好みも変化してくる。
淡い色合いの服が似合うようになるし、首回りの大きく開いたシャツやワンピースも似合うようになる不思議。
ちょっとした首あたりの柔らかいシワと白髪のバランンスが取れてきたってことかも。
サングラスやメガネの顔への収まりもナチュラルで良好になっていく。
2018.0602いつまでも.jpg

そうだ!バランスだったんだ!と確信する。
髪と肌、気持ちと見た目、身体と精神の調和が、いつまでもおしゃれを楽しむための礎・・・なんてね、おでこにかかる白髪をかきあげ
ながら思った。

(次回の掲載は8月30日です)


......................................................................
私の肩をトントンと、ワンクリックプリーズ!
コリもほぐれ、更新する意欲がモリモリとわいてきます!

日々

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
2017年10月より小田原市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < July 2018
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のエントリー

月別アーカイブ