ホーム > 日々 > 草花

さくらさくら

IMG_7651.JPG
立派な桜の大木。
印刷局の敷地内にどうどうと立っている。
神々しい感じさえするよ。

IMG_7647.JPG
右側の塀の奥の建物で大事なものを、日々印刷してるらしい。

私にはイマイチ全体像が想像しにくいんだけど、印刷局はうんと広い敷地で、高い塀に囲まれて普通は立ち入ることができない部分と、通過していい部分とで成り立っているらしい。

四月七日と八日だけは、高い塀の中に入れて花見ができるんだそう。
それでも、立ち入り禁止の区域の守備はかたいんだってよ、そりゃあねえ。

国イチ添いに、気になる建物がある。
IMG_7652.JPG
周辺には、趣ある日本家屋や古民家は多々見られるけれど、どことな〜く西洋っぽいムード漂う。
昔、誰かの別荘だったのではないか?と想像したり。
広い庭には花々が?はたまたちょっとした畑なんぞやってたかも。

家を管理しててくれる人のお家だったかもしれないような離れ的な家も右側に。
朽ちてはいるけれど、裏に回ると土蔵のよう。

今は地域の集会所として使われているらしい。

いつか、誰かにうかがう機会があったらきいてみたい気もするけど、(検索って手もあるけど)知らなくてもいいかとも思う。

知る楽しみと、知らないままの楽しみの二本立ての方が楽しさ倍増。
さらに倍の倍かもね。
............
先日行った「風祭」でのおいしい体験取材記事!ココカラ大学にアップしました〜〜!!
そ〜なんです、かまぼこの鈴廣さんで、かまぼこと竹輪を・・・ウフ♪
読んでくださいませ!
https://kokokaradaigaku.com/
.........................................................................................
私の肩をトントンと、ワンクリックプリーズ!
コリもほぐれ、更新する意欲がモリモリとわいてきます!

古民家でGO!  ヒヤシンス

IMG_6602.JPG
小さな植木鉢からビッグな鉢へ植え替え。

四畳半に身寄せ合って暮らしてたヒヤシンス一家。
狭いながらも楽しかったであろうが、なんせなんせ、白い根っこが鉢のふちにまで盛り上がり、鉢のお尻の穴からもニョキニョキと・・・。
根の行き先がもうないという状態は悲しすぎた。

四畳半からいきなりビバリーヒルズの豪邸に移されなんだかとまどっているように見えるヒヤシンスたちだ。
めくらめっぽうに絡まった根っこをどうすることもできずに、そのまんま移し替えた。
どうか自由にのびのびを根をはりヒルズライフを謳歌してほしいと願う。

大きな鉢にした理由はもう一つあったのだ。
・・・それは・・・水栽培での三つが花を終えたら、いつも土におろすことにしていたので今回もそのようにの予定である。
六個の球根が、ここでまた次の季節まで過ごすこととなるのだ。

水栽培派の三つは、長い足が美しいボンキュッボンのスリーディグリーズ。
盛り上がった花の髪型が完成したら♪天使のささやき♪を歌いだすだろう。

IMG_6605.jpg

.......................................................................................................
私の肩をトントンと、ワンクリックプリーズ!
コリもほぐれ、更新する意欲がモリモリとわいてきます!

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages

日々

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
2017年10月より小田原市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < March 2018
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のエントリー

月別アーカイブ