ホーム > 日々 > 今日のなに着た

今日のなに着た

2016,07,18-1.jpg
汗かきかき、ふきふきしながら都心のお寺までいく。
大施餓鬼会(おせがき)があったのだ。

いつものように義母から託された納めるお金を持っていく。
いや〜〜炎天下であったね、今日は。

お寺企画のちょっとした演し物(ジャズコンサート)と法要とありがたいお話の半日である。
そのあと、真新しい塔婆をお墓に背負わせるように納める。

お寺には、たっくさん!!の善男善女(お坊さんがそうおっしゃった)皆さんが会場にぎっしりである。

私たちは廊下のソファに座って、配られた麦茶をいただいた。
娘と孫っちとで行ったの〜〜〜。

はたから見たら、信心深い家族連れ??に見えたかもしれないけれど、ぜんぜん違う。
暑くてたまらんかったし、一刻も早く涼しいところでアイスコーヒーでも飲みたいと心の底から願っていた。

それでも、墓にはお線香とお花をお供えし、孫は桶に汲んだ水を焼け付くように熱い墓石にじゃぶじゃぶとかけていた。

迎えにきてくれた「トオト」と合流して、とっととお昼ご飯を食べに行った。

お寺に集まってみえた方の多くは高齢の方が多かった。
夏の午後のお出かけ、それも日陰もない墓地っての.........どうなん?
健康だからこそ、参加できることに感謝をってことなのかも?

冷たい飲み物は配られていたけれど苦行でもあったのではなかろうか。
苦行、ものともせず供養する人々を善男善女とよぶのだろうか。
私は個人的にだけどね、だんぜん善女とは呼ばれたくないなあ。


あれ?「善女」の反対は「悪女」?
どっちも嫌だけれど、ましなのは後者。

.........................
黒の巻きスカートはワイズのものだ。
たくさん着てきたわけではないけれど、ワイズのスカートはどれもラインが美しいと思う。
後ろ半分だけバイアスに取ってあったりと、ほぉー!と思うよ。

HOW TO LIVE のバッグ、銀色が剥げかかってきていよいよいい感じになってきた。
剥げてこその布の銀!とさえ思う。

黒、白、銀色と、わりと地味なかっこうでお寺に行ったアタシ、善女に見えてしまいまして?え?

..................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。

日々

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
2017年10月より小田原市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < July 2016
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のエントリー

月別アーカイブ