ホーム > 日々 > 切り絵作家 アグネータ.フロックの世界

切り絵作家 アグネータ.フロックの世界

玉川高島屋で開催されている「アグネータ.フロックの世界」の展覧会を見にいく。
友人二人と誘い合って。
IMG_1843.jpg

↓これこれ。
http://www.tamagawa-sc.com/event/?id=1992

3月だったかな、テレビでちょっとだけ見て、「描いてから切り抜く意味ってなんなのかなあ?」と思っていたのだ。
スパッとしたラインを得るためなのはわかるけど、だとしたら他の手段もあるわけで...とかなんとかね、技法の効果がよくわからなかったのである。
見たテレビも途中からだったけれど、心に残っていた。

10月22日からの高島屋での展覧会は是非いってみたいと思っていた。
そして今日。

実物をたくさん見られました〜〜!!
切り絵でなくちゃあの絵は成立しないってことを思い知って帰ってきた。
原画のすごいこと!
印刷にすると消えてしまうニュアンスを、作者はどう思っているのだろう、とやや心配になってしまうほどの原画の圧倒。


ステンシルの画法で制作を続けている友だちがいる。
刃物で切り抜いた「型」をいくつも作り、内側に色を入れていくのだ。
アウトラインは、キッパリとする。
内側はニュアンスのある色彩だ。
そんな感じである。

潔さ(刃物でのカット)と、絵の具での優しい着色。
で描かれる絵は可愛くて、またジンジンとさせてくれるのである。

アグネータさんは、1941年生まれの画家。

近年の作品いちばん好きだ。
なんつうかこう......ほーっと力が抜け、かつ、自由な感じがするのである。
若い時分の水彩画や織物を経てこそ生み出された技法と構図って気がした。

そして今もなお制作を続けておられる現役76才ってところがなんとも励まされるのである。
おこがましいけど。

可愛くって、ファンタジーな世界を描いておられるけれど、敬虔な精神で突き進まれてるような気がした。

てな感想を秘めつつ、友と二子玉の「ツタヤ家電」(←おしゃれなカフェでした!)でしばしお茶タイム。
一人は「家の用があるからと...」と、ちょっと早めに帰宅。
10分後、アタシは「ツタヤの奥をもっと見たいから」と退出。
もう一人は、「もう少しお茶したい」とカフェに留まっていた。
ラクすぎる「友だち関係」がうれしいかぎりだ。


帰宅の後、買ってきたアグネータさんの図録を繰る。
けっこうニヒルな眼と、皮肉な構図に気付き、ニヤリとする。
素敵な人だなあ、アグネータさんて。

会場のフォトスポット(撮影オッケーな場所)で一枚ね♪
2016,10,26.jpg


..............................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。

日々

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
2017年10月より小田原市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < October 2016
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のエントリー

月別アーカイブ