ホーム > 日々 > 2014年1月

汚れについて

年末に、少し大掃除っぽいことを、世にならってする。
「小さな大掃除」ってところだ。

ひごろ、熱心に掃除するタイプではないので、けっこう汚れは蓄積されているので、用途に応じた洗剤など駆使して、わしわしとこすったりみがいたりしていたが、今回、年末の掃除にあたっては、洗剤は極力つかわないようにと努めた。

環境その他をふかく考慮して....のことではなくて、「汚れ」について、ちょっと思うところがあったのだ。
「汚れ」って、そんなに悪いものなのか?オイ。
全身全霊をこめて、そしてケミカルな洗剤をつかってまでやっつける意味ってなに?オイ。
と思ってしまったのである。

(そう考えた発端は、「糀」&「菌」にあるのだけど。その件は、またおいおい....)

水回りの汚れは、「けしごむ」と心の中でよんでいる「メラミンスポンジ」でこすり消した。
真っ白い不思議なスポンジのアレである。
金属部分をこすると、おどろくほどのピカピカを生み出すアレ。
アレはすごいね。

台所の壁や床もアレで掃除した。
アレは、偉いヤツだが、わりとへたれるのも早い。
励ましながらつかった。

熱湯が洗剤のかわりになるってこともわかった。
レンジフードは、あつあつのお湯をふくませた雑巾で、すばやくこするとけっこうきれいになるものだ。
「じゅうそう」を磨き粉のかわりに雑巾につけると、よりきれいになる。
100円の一袋で充分にあちこちをみがくことができた。

冷蔵庫の中をふくのもじゅうそうなら安心だった。

「汚れ」...そう悪いもんじゃないと思う。
家にこびりついた汚れは生活の足跡のじゃん。
生きてる証じゃん。

やや取れる程度の落とし方でいいのではあるまいか?
こびりついてるものを、落とす必要を感じない。

おそれることなく宣言する。
私は汚れが好きだ!
汚れと共存してこうとさえ思う。

赤い布バッグ

12月31日!
赤バッグが郵便受けに!
友だちが縫ってくれたのだ!
ちょい早のお年玉をいただいた気持ちだ。(それも40年ぶりっくらいの〜)

さむい季節になると、どうしてもダークな色合いの服装になってしまう。
マフラーや手袋、靴下などの小物で、ぱっとした色を足していきたいと心がけているけれど、もうちょい「面積」を大きくしめるナニカがほしいところだ。
ぜひ、赤いバッグを手にいれたいもんだ...とずっと思っていたけれど、気に入った赤色のバッグはそうそう見つかるものではなかった。
文字が入っていたり、大きさが気分じゃなかったりと。
頭の中ではっきりとイメージがあればあるほど、ジャストなものなど売ってない。
赤なし のコピー.jpg
「腕の不自由なアナタに、縫ってさしあげましょうぞ」
と、親切な提案をくれたM子さん。
私は、ベッタリと甘えさしていただきました。

わりとざっくりな注文でも、しっかり思いをくみとってくださった。

面積が大きめの赤が入ると...この通り...全体の印象が一変する。
赤.jpg


左右50センチ、天地48センチ。
底の部分は二重になっているのがありがたい。

そーです、私はこんな「シンプル赤布バッグ」がほしかったんです!
nuno1.jpg

..................................
初詣は、深大寺へ。
大黒さまと恵比寿さまの前で記念写真を。
IMG_2905.JPG

日々

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
2017年10月より小田原市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < January 2014 > 
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のエントリー

月別アーカイブ