ホーム > 日々 > 2016年7月

下北沢で

IMG_1185.jpg
梅雨明けだ。

本格的な夏になるのね〜〜。
お向かいさんの三本サクラのセミの声も日ごとに力強くなっていくようだ。
合唱と輪唱があわさったような......と思うことにした。

うちの外壁にはブローチがたくさん付いている。
セミが脱いでったアレッ!

朝あった5〜6個の抜け殻は、夕方には消えている。
たぶん、だれかが食べるのだろう。
いいシステムだ。

午後から下北沢のカフェで打ち合わせ。
帽子屋さんのいろいろ。
タグのデザインとか、帽子に付ける布花の色とか、こまごましたことを決めた。
でき上がるのが楽しみである。

横っちょのテーブルでは原稿を広げた三人が、こちらもなにやら仕事をしていた。

冷たいものを飲みながらでなきゃやってらんないもんなあ...どちらさまも、と思う。

ピーチアイスティーをたのんだら、こんなきれいなのが!
おいしいし!

右側に写ってるのは子ども用のチェアだ。
子どもサイズの小さなテーブルもあった。
ままごとみたいでかわいいでやんの。

小さい子ども連れも、お仕事の人も、新聞を読む近所のおじさんらしき人もいる。
地元のカフェって感じでいいなあ。

さてさて、そんな下北沢での展覧会は11月23日から29日までのきっちり一週間だ。
とりあえず15個、額縁の用意もした。
あと5個ほど......足したい気もする。

暑い夏がはじまる。

..................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。


108×108センチの布

2016,07,28-1.jpg

ノースリーブのワンピースに、シャツをはおるのが好きな着方だ。
脱いだり着たりがカンタンだから。

ショールを半分に折り、端っこどうしを結び、輪のところに腕をとおしてはおるのもシャツに準じた好きな着方である。
こっちのほうが、ちょっとね、おしゃれな風味もするし。

ポリエステルで108センチ四方のショールは、一年中便利につかっている。
しわにならないところ、やや持ち重りがするほどの重さがあるところ、いいドレープが発生するところ、すぐ乾くところ、めんどうじゃない色......。
とご贔屓にしている布である。

二カ所を結んでのこの着方は、生地をまちがえると、凧になってしまうようだ。
後ろすがたが特に。
いいドレープが出る布というところがポイントかもしれない。


頭には二重に巻ける。
ボリュームのあるターバンになる。
13096166_784190011682070_1892344819955128043_n.jpg
困った時の「アレ頼み」があるって安心。

スカーフで探しだすのは難しいかもしれないけれど、生地でなら発見できるかもと......二枚目を希望している私である。
今度はオレンジ系でほしいなと。


..................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。


日々

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
2017年10月より小田原市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < July 2016 > 
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のエントリー

月別アーカイブ