ホーム > イラスト > 東京新聞掲載

東京新聞おしゃれのレシピ 2013 2 18掲載

はおり.jpg

はおり2.jpg

年末年始に着物を着なかったので、たまにはねと羽織をは
おって出かけてみた。ひいばあさんの茶羽織りだ。これは帯
とお対になっている。ひいばあさんは小柄だったらしく、帯
は私に短すぎる。バッグに作り直すか...とか考えるだけでずっと仕舞いっぱなし。
せめて羽織だけでも着ようじゃないかと引っ張り出す。全体的
に小さめで丈も短めだけれど、タートルネックのセーターに合わせたら
カーディガンのような感じに着られた。
太いウールのパンツ、別珍の足袋、歩きやすい低い下駄、アラン編みの
幅広のマフラーを合わせる。
厚地絹の羽織は思いのほかあたたかく、昼間の外出にはちょうど
いいように思えた。
羽織は着物とどう合わせりゃいいんだ?といまいち判断がつかない。
きっと意外な色合わせとか柄合わせの妙を知ったら、やみつきになる
アイテムなんだろうな、とは思うけれど、そうなるまでには
どんだけかかることか....。
ほかにも何枚かある羽織、いつか着物と合わせて!
とその時を待っても、残念ながらその時は来ないだろう。
だったらさ!と自分の肩をポンとたたく。洋服と合わせてけばいいじゃない!
格子や縞、水玉などと柄がトラッドだったら着物だけが妙に浮く感じに
はならないはずだ。和洋どっちもに通じる「普通のおしゃれ」
な着こなしになると思う。


東京新聞おしゃれのレシピ 2013 1 21掲載

20130121.jpg

.........

2013バスケット.jpg

【季節にとらわれず持つバスケット】
寒~いある日、歯医者の帰りに植木鉢形のバスケットをみつけた。
この形はずっとほしかったものだったので、迷う事なく
お買い上げ。帰り道々嬉しさあまって持ってたバッグを詰め込み、
買ったばかりのバスケットをぶら下げて帰宅した。
ボリュームのあるコートを着ていたので、バスケットの軽い感じが
全体のバランスを整えてくれた。(荷物と歯痛まで軽くなったように感じた
げんきん者の私だ)木のつるや皮などで編まれた天然素材感満々な
バスケットは、ダウンジャケットやフリースとの異素材関係の相性も
いいように思う。また毛皮物と合わせるとフッと何かが抜け、
気楽な良い印象が漂いだす。普段はあまりバッグにアクセサリーなど
の付属品はつけていないけれど、冬のバスケットには何か付けたい
気分も湧き、毛糸で大きなボンボンを作って三つ四つ付けてみた。
ちょっと冬仕様のバスケットに変わり嬉しくなった。着る物のポイント
カラーになるようにとボンボンの色も数種類作って。
ちりめん地に鮮やかな花模様、着物用の巾着袋、仕舞いっぱなしでもったいなく
思っていた。なかなか出番もなく.....。着物用と限定することもないな!と思い
小銭入れなどの小物をまとめバスケットの中に。
外出先ではそのまま取り出してテーブルに置いても様になる。
お、これはいい!和洋折衷の美しさ!
バスケットは「冬の使える」おしゃれかも。

........................................................
※掲載は紙面の都合でモノクロになりました。

イラスト

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
2017年10月より小田原市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < August 2016
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のエントリー

月別アーカイブ