ホーム > イラスト > 東京新聞掲載

東京新聞おしゃれのレシピ 2011・09・26掲載

101Scan0006.jpg
雑誌(カラー)


【5年目の秋に思うこと】

この連載が、5回目の秋を迎えた。
たくさんの方に長いこと読み続けていただけて本当に嬉しい。
新聞で読んでくださっている方々から、ときどきお葉書やメールをいただく。
私の年齢にビックリされた!と書いてくださる方も少なくないのである。
(いちばん最初の紹介欄に昭和30年生まれと記しただけだったですもんね)
たま~に年齢を推定できそうな「35年ほど前の成人式には・・・」とか「27歳の
娘が・・・」などの文中の文字から年齢を察して驚いてくださるのだ。
自分も同年代です!と。
そして、安心して告白(?)してくださるのでしょう、
・55歳になる今まで自分の着るものについて考えたことがなかった。
・自分の好みがわからない。
・似合うって、どういうこと?
・何歳までおしゃれしていいの?
と質問なども書かかれている。

あっ!と思う。
はっ!とする。

こんな風に着よう、小物を上手にアレンジしようなどと書くのは簡単なことだ。
それを「自分用」に変換するのは楽しくもまた厄介なことでもあると思う。

歳を重ねると、5年前いや1年前には考えられなかったような出来事が襲ってくる。
それはそ~っと忍び寄ってきてはいたんだろうけど。

どんな時も服をちゃんと着てしゃんとしていたいと思っている。

そしてどんどんおしゃれが楽しくなってきている今日この頃、56歳なう。


101IMG.jpg
明度+コントラスト+2

東京新聞おしゃれのレシピ 2011・09・05掲載


【季節を着る】 小さい秋付け加え計画
aaScan0005.jpg
写真(カラー)明度+5 コントラスト0

風に秋が混じるのを感じるのが好きだ。
サラ~ッと素肌をなぜて通り過ぎる風。
着るものも少しずつ替えていきたくなってくる。
まだ素材を暖っかものにチェンジはしがたいから、色で・・・と。
今ノースリーブや半そでシャツの上に羽織りたいのは綿のジャケットだ。
裏地のない一枚仕立てのジャケットは腕にかけて持ち歩くのも、肩にひっかけるように着るのも様になる気がする。
カーディガンより「ちゃんとした感」も出るのでおでかけスタイルに丁度いいなと思う。
肩が張っていなく、ウエストあたりはちょっと絞ってあって、二つボタン。丈は腰骨すれすれぐらい。
袖も細身でコンパクトなタイプを腕まくりして着る。脱いだり着たり・・・が楽にできることもこの時期の大事なポイントだろう。
まだまだ日差しが強い日中もあるしね~。
「季節を着る!」という気持ちで丁度な一枚を選びたいと思う。
モスグリーン、ベージュ、ココア色を夏のワンピースと重ねる時に感じる小さい秋はなんとも言えない幸だ。
コットンのスカーフを巻くのももうそう遠くはないだろうなとか、大きめのブローチを衿に?
そんな付け加え計画もココロの隅におきながらコットンジャケットを羽織り外に出る。
aa.jpg
チャンネルRGBレベル補正71 0.73 231 255


Scan0006.jpg
雑誌(カラー)

イラスト

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
2017年10月より小田原市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < August 2016
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のエントリー

月別アーカイブ