ホーム > イラスト > 東京新聞掲載

東京新聞おしゃれのレシピ 2012 04 30掲載

IMG_0001.jpg

たまに深夜のテレビでファッションショーのライブ放送を
見る。いろんな有名デザイナーたちのショーだ。眼光するどくして
次々にステージを歩いて来ては去っていくモデルさんたち。
先日は秋のコレクションだというショーをやっていた。これからの
参考にしようなどの心意気などまったくなく見るだけだが、
なんとなく伝わってくるものは確かにある。
言葉の意味や内容もわからず部屋で流している洋楽のCD、
理解しようともしないただのBGMなのだけれど、ほんのちょっとの
メロディーやワードが耳に残ることがある。そんな感じでファッション
ショーを見ているのだ。見流しながらも気持ちのどこかに残るのは
「現役感」。ほのか~に耳に残ったメロディーのように。
自分自身の着心地いい定番服がはっきりわかってくるようになると
つい安心してしまう。またそれが似合うもんだから同じような
着回しにと。ともすると三年前とほぼ同じだったりするし~。
たまにビックリするようなファッションショーや露出度の高いモデルさん
たちの姿を見ては「ほほぉ~!」とし、【今】のスタイルからも目を離さないでいたい
と思う。
翌日春のおしゃれの道具としてリップグロスとシャンパンゴールドのマニュキュ
アを買った。
なんとなく感じたファッションオーラ、私にこんな風に反映したのかも。
もうしばらく、い~や!いつまでも現役感のあるおしゃれをしていたいと思う。


東京新聞おしゃれのレシピ 2012 04 16掲載

IMG.jpg

先日素敵なバッグを持っていた友人に会った。な、なんと!それ、
革パンツをリメイクしたものだという。よくよーく見せてもらったら、
前のファスナーや後ろポケット部分にパンツの面影が茶目っ気
たっぷりに残されている。いっぱいあるポケットがなんとも
便利そう。私もほしくなり作っていただこうと、昔夫がはいて
いたバイク用の革パンツを押し入れから探し出し、早速お願い
した。持ち手の長さと太さにちょっと注文を出す。そして数週間
後....はたしてとても使いやすいバッグに生まれ変わり戻ってきた。
もう一つ、作っていただいた物がある。それはヘッドピース(髪飾り)。
シックなパステルカラーで作られた花の髪飾り「これ、白髪のちょい
とある大人にも似合うのでは?」とふんで注文した。花の色や数は
こちらの希望をくんでもらえるシステムだ。(20代の方が制作されている)
少し希望の入れられる余地のある半分オーダー。作り手のセンスに
「アタシ用にはこうしたい!」の気分をほのかに乗せて作ってもらえる楽しみを
味わった二品だった。意思の疎通さえうまくいけば、
この味はくせになる味だ。少しでも「自分の気分込み」
の持ち物には愛着がぐっと増すよう。バッグのかぶせの裏面、スエードを見せる
ように
開いて持つ、ヘッドピースをTシャツの襟元につけるなど...自分流の使い方
をあれこれ考える。
愛着が、自分風に使いこなすことにつながっていく。

イラスト

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
2017年10月より小田原市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < August 2016
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のエントリー

月別アーカイブ