ホーム > イラスト > 東京新聞掲載

東京新聞おしゃれのレシピ 2012 06 04掲載

IMG.jpg

夏の服を整理した。Tシャツだけの山を作ったら、アッ!とビックリその枚数。
Tシャツは気軽にいろんな色を試せる便利なアイテムだ。
真っ赤なワンピースにはなかなか手は出せないけれど、Tシャツでならと
一枚二枚。黒色のものは、襟の開きや袖のデザイン違いで三枚四枚....。
そんな風にしてどんどん増えていく。
いつもLサイズのTシャツを選んでいるけれど、袖の太さ
ではMサイズの方がスッキリ着られるとか、Sサイズの首周りの方がピタッときて
気持ちが良いときもある。
レザーのチビベストに合わせるために選んだ一枚はSサイズ。背中の肉の段々も
うっすら見えるほどのピッタリ加減だけれど
もたつきの出るものよりもベストの下には丁度いいなと思った。
ボリュームの出るギャザースカートには、Lサイズの腰骨あたりまでの丈のTシャ
ツを合わせ
太いベルトを巻き、ギャザーを抑え気味にする。
安価で色のサイズの豊富なTシャツは、色やサイズでいろいろ試せるアイテムだ。
今まで着たことのないカラーを試してみると意外と顔うつりが良くて似合う!ってな
発見もあるし。
数々のTシャツ。これはお風呂上がり用に、こっちは処分などと
仕分けもしながらこれからどんな風に着ようかな?と考える。
コットンジャージのワンピースの下に着るために一枚新調しようかな。
サイズはSでブルー、今年は試してみようと思う。


東京新聞おしゃれのレシピ 2012 05 21掲載

IMG_0001.jpg

先月、うちの犬は6歳になった。コロッコロしていた時期はあっ
という間に過ぎ、すっかり落ち着いた風格さえ漂うわんこに成長した。
この犬が来てから朝夕二回、都合2時間弱の散歩が私の日課になり、
朝は起床速攻で飛び出す日々に。着ていく服はいきおいはきやすいパンツ
にTシャツや、被るだけのコットンワンピースだ。私の生活
習慣服は「犬と散歩用の服」。そしてつば広のハットと糞の持  
ち帰り用エチケットバックも。何も考えないでセット物のように
それらを手に取り犬と出かける。マンネリにも近いスタイルだ。
せっかくの「外出」なのに....。
小振りのバスケット、布バッグ、絹の巾着袋、日頃使わない小さ
めのバッグや布の帽子、ストローハットなど、犬の散歩にも使っ
ていこうと改めて思う。夕方の散歩には、サンダルにソックスを
合わせようかな?と足下にも思いが及び、がぜん散歩時間が楽しみになってくる。
だれにでもそれぞれの生活の習慣服がきっとあるはず。その装いをちょっ
と見直し、変化をつけていくことで「今日一日」がまた「昨日と違う一日」になって
今日のごきげんアップにつながっていくと思う。
気持ちに新しい風を吹き込ませるには、長年当たり前になっていることを
ちょっと見直すことなんじゃないかな?と、6年間の犬の散歩から
教わった。私はこれからもずっとずっときげん良く散歩にいこ
うね!とカレと約束をする。

イラスト

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
2017年10月より小田原市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < August 2016
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のエントリー

月別アーカイブ