ホーム > 日々 > 動物

川のながめも楽し

畑のそばの川。
この間、ジョナ四郎を写したのと同じポジションあたり。

これらの写真はほんの100メートルほどの間。
IMG_6973.JPG
肉付きのいい鯉が水浴びをしているポイント。
押すな押すなの大人気スポットらしく、いつも10〜20匹くらい群がっている。

ちょっと横を向けば、カモが冷たい水に足をひたして寝ていたりする。
首を折りたたんで、まあるくコンパクトになっているところもかわいいなあ。
IMG_6976.JPG

スッとしたのはサギだと思う。
孤高な感じが素敵。
また飛び立つときの姿もすごくカッコイイ。
頭の羽がチョンチョコリンになってるとこもまたおしゃれだし。
IMG_6979.JPG


このヒゲじいさんのような羽を持つのは一体なに鳥なのか?
猫背な様子がよりいっそう爺さんな感じをかもし出してるようだ。
IMG_6975.JPG

と、あの川には小魚はじめたくさんの生き物が集まっているのだった。
豊かな川と言えるだろう。

しかし・・・・残念なことにビニール袋やら投げ捨てられたゴミも見受けられる。
豊かな川にケチつけてるのは人間だ。
海岸のゴミのようにちょっとでも・・・とも思うもののさすがに川まで降りていって拾い集めることはできないが、
いっしょに住む者としてできることを考えて実行にうつしたいと思う。

.....................................................................................................
私の肩をトントンと、ワンクリックプリーズ!
コリもほぐれ、更新する意欲がモリモリとわいてきます!


今日のなに着た

2017,05,01.jpg
スーはいろんなことを本当によく見聞きしている犬だ。
そして自分の立ち位置もよくわかっている。
「空気が読める」11才の犬っころである。

ここんと忙しくしている私を「おもんぱかって」邪魔にならぬようならぬよう過ごしているように見えるのは気のせいじゃないはず〜。

朝夕の散歩も、ささっと済ませてしまう時もあるんだけれど(出かける時間がせまってるとかで)そんな時も散歩コースを端折っても文句も言わない。
ほんのちょっと悲しそうな顔をするだけだ。

しかし今日の夕方の散歩は違った。
「帰るのいやだ〜〜」
と帰り道で座り込んでしまったのだ。

「もう一周行く?」
と声をかけたら、嬉しそうに歩き出した。
スーの行きたい道、嗅ぎたい根元、食べたい草、寄り道をたくさんしてやった小一時間。

夕ご飯の時間はすっかり遅れたけれど、まあね、スーにも付き合ってやらないと。
スーがいるからこそ助かっている多くの事ごとを忘れちゃなるまい......と思う。
.................................
Tシャツの古い船のプリントがイカしてましょ?
IMG_3741.JPG
夕方の外はちょっと寒かったので、Tシャツの上にデニムのジャケットを羽織った。
オーシャンな感じ。ど?

.....................................
名犬のスーさんをなぜなぜしてからクリックするとなぜか良いことがあります。
あなたと私に!
ワンクリック更新のエレルギーになります!!サンキュー。

日々

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
2017年10月より小田原市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のエントリー

月別アーカイブ