ホーム > 日々

今日のなに着た

IMG_0584.jpg
つやつやしたサテン生地のワンピース。
えりのところが立っている。
ずいぶんと前にコムデ.ギャルソンで買ったのだけれど、生地が丈夫なのか......どこもいたむことなく10年以上も着ている。

光沢のある生地のワンピと、シルバーのサンダルがよく合うような気がした。

駅前公園で、ラジコンカーで遊んできた。
IMG_0595.JPG

しろつめ草が一面に咲いているところで、おやつなど。

ちょっと曇った空と風が気持ちいい午後だ。


...................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。

今日のなに着た

2016,06,27-1.jpg
空気が冷やっとするような気もするし、ひとたび歩きだすと汗ばむし......。
湿度が高いってことだろう。

家の中ではノースリーブのTシャツで過ごすもののちょっと外に出るときは、薄手のカーディガンをはおる。
ごくごく細いナイロンの糸で編まれたものだ。

「透ける服」は首の後ろと、脇のところに縫いつけられているタグは切り取っておきたいと思う。
そこんとこが妙に気になる私だ。
(むかし肩パッドさえ透かしてたジャケットとかありましたよね。なぜに透かす?)

透けるほど薄いカーディガンってわりと年齢が上の方々が着られるイメージがある。
暑い!寒い!の他に、なんだか肌寒いけれど、ときどき暑くもあるなどと、微妙な温度調節を服に強く求めるようになるからだと思う。

自力で、体内でのすばやい温度対応がしにくくなってるからではないか?と思うんだけど、どうだろうか。

「透けカーデ」の下に着るTシャツはノースリーブの方がきれい。
また色が混ざらないように、白Tでいきたい。

「老け」のイメージを着るものに持たせたくない。
きれいに透かして着たいと思う。


...................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。

はな子さん

IMG_9144.JPG

昨年、孫っちと行った井の頭自然文化園で、象のはな子さんをみた。

象としてはやせたほうだったと思う。
68才ということだった。
目のまわりにきざまれた深いシワ。
はな子の前はひとだかりで、ゆっくり対面することはかなわなかったけれど、それでも孫っちにはな子をみせることができて、OBBは満足もした。

はな子さん、今日死んだという。

寂しい気持ちと、なんだか良かったな......という気持ちもわいた。

はな子さんの等身大のカンバンの前で撮った写真。
ほんの数ヶ月前のことだがなつかしい。

遠いとこから来てくれたはな子さん、ありがとうね。


...................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。

今日のなに着た

2016,05,25-1.jpg

チェックのサルエルパンツは、コムデ.ギャルソンの古いの。
薄地のコットンで、複雑なタックやギャザーの仕組みはいまだに理解できないでいる。

たたんでおくと、なんだかシワくちゃっぽいパンツ。
しかし身につけるとその着ごこちの良さにあらためて、いったいどんな裁断になってるんだ?と思う。

なんども洗濯し、少し色あせてきたチェックに好きさが増していく。

......................
なにか服を買うときに、「コレ買ったら、着なくなるのはどれだろう...」と考えることがよくある。
先日の義母とユニクロにいったときに、いいな♪と思うシャツやカーディガンがあった。
とても気に入ったけれど、でも「持ってるアレは着なくなるんだろうな」なんて思えてきて買わなかった。

そう......本妻がいるのに、若い愛人を連れ帰るようなもんだ。
似たようなものを選ぶ傾向もあるしねえ。
今持ってるものをつかいこなし、着こなすことをまず優先させたいと思う。

できたら......身につける度に、好きの度合いが増すような服だけとつきあいたいものだ。


■今日までにホホホのショップにご注文いただいたみなさま〜、すべてお返事はだしています。
発送も順次に...。
メールが届いていなかったら、ご一報おねがいします。

■カゴやさん、menuiのブログを更新させていただきました。こちらからど〜ぞ♪
http://ameblo.jp/menui-zakka/entry-12164106319.html

...................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。

今日もビーズ作業

IMG_0541.jpg
今日も今日とてツブツブのお世話をする。

実ざんしょの季節!ということで、駅前のスーパーまで買いに出かけた。
季節もんの販売期間はとても短いので、逃すまじのココロがはやり、歩行速度もアップする。

昨年は、友人からいただいたけど、今年はオール自力でつくろうと思ってね。

ワンパックで(両手のひらに山盛りほど)800円。
高いといえば高いけど、「ちりめん山椒」「塩漬けの瓶詰め」などけっこうなお値段で売ってるので、いいとする。


実さんしょで検索したら、買ってすぐ下処理すべし!とあったので、帰宅後すぐに準備をはじめた。
(どんどん色が黒っぽくなってしまうからだと...)

「枝からはずさないでそのまま茹でると後がラク」とも書いてあったのでそのとおりにした。
IMG_0543.jpg
指でつぶれるくらいにやわらかくなったら茹であがり。


ひとつぶ口にいれ、かみしめると......ジ〜〜〜ンとしびれる!!
ああ、これよこれの刺激、良くってよ〜......とおもわず刺激におぼれそうになった私であった。

しかしまだまだ下処理は始まったばかりなのである。

茹であがったら、冷水にとり、アクを抜くと。
水は数回とりかえるっともある。

シビシビの調節と心得たがどうだろう。

数回、水をとりかえ、シビシビを強めに残すようにして、水から上げた。

そして、実と小枝の分離作業。
これが二時間弱かかった。

IMG_0546.JPG

双子や三つ子になっている実もあり、それらの分離もせにゃあならんかったのである。
ふきんの上でやっていたので、水も切れていい感じに下処理が完了した。

さ〜て、これからどんな「惣菜」をつくろか?とうれしく迷う。

とりあえず、ほんの一握りの実に、しょうゆを注ぐ。
IMG_0547.jpg
しょうゆにさんしょの香りが移っておいしいのだと。
もちろん実も!

白ワインを開け、下準備にかけた時間としょうゆ味のさんしょの実をつまみにしていただく。
口から全身に回っていく、めくるめく痺れの世界。
たまらんざんしょ!?


...................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。

今日のなに着た

2016,05,23-1.jpg
残念にも縮んでしまったオーバーオール。
着られないほどに小さくなったのでもないので、それなりに着ている。

昼間はとても暑かったので、ノースリーブで過ごす。
胸のあたりが隠れるって、安心感につつまれる。

しか〜し...後ろすがたは...歩く冷蔵庫...か?
くわばらくわばら。

今日は友人に頼まれていたネックレスとピアスをつくった。
土星のようにビーズを組み合わせてくれっちゅうのである。
友人のとんでもない希望......に「できないこともないかもしれない」とあいまいな返事をしてしまったので、やらなければいけない。

こうした「自分追い込み」によって、なにかが新しく生まれることもあるのだ。(時々は悲しい結果もあるけど)
13293285_798546856913052_1839756570_n-1.jpg

でき上がったものを夕方渡したら、と〜〜っても喜んでもらえてアタシもうれしかった。

、その喜びとうれしさはそう長くは続かなかったのである。
帰宅されてから30分後に、
「宇宙崩壊!」
と、ネックレスの画像が送られてきた。

テグスは切れていないものの土星まわりのテグスが伸びきってしまってる。
理由は思い当たったので、後日修理いたすつもり〜。

作ってみて初めてわかることがある。
ああそういうことか〜!と。

今回の「学び」としては、ツルツルするものにはキズを入れろ!であった。

自分用にも作ってみようと思ったり。
久々に楽しんだビーズ作業だったな。

直径2.5センチもある丸いアンティークビーズ(←甘露アメほど)は、ピアスにもした。
13295287_798560263578378_1303939259_n.jpg
友人と、
「大きめなピアスをつけだすと、どんどんおっきくなるよね」
といいあう。

私の日常使いの輪っかピアスの直径、最小で6センチ。
大きくなるばかりなり。

...................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。

お店に、追加しました

お昼ごはんと買い物をかねて、義母を駅前のデパートまで連れ出す。

ユニクロでコットンのカーディガンと、そでのところがレースになっているTシャツなど購入。
あと下着もね〜、サマー仕様の。

「そんな派手なのは恥ずかしくて着られない」
「派手、派手よ〜『あそこのおばあさん気がおかしくなった』思われるわ」
と、私がプッシュするのはどーもどれも派手らしい。

じゃっかん...イラッとするも義母には確固とした好みがあるので、やはりそっちを優先......というか、尊重したい。


義母は長い間、小学校の先生をしていた。
長い教師生活で培われた「服装に対する姿勢」は、ゆるがないのだ、92才になっても。
すごいなあ!と思う。
そう思う反面、崩したくってたまらんワシ。
ウズウズする。

ユニクロでステテコのようなテロテロパンツをすすめたら、気に入ってくれて、可愛い花柄のステテコパンツを購入するまでにいたった。
帰宅して、すぐそれに着替えていたので、あ〜〜良かったと思った。

あーだこーだ(高いだ安いだ、ダサイだ可愛いのと)言いながら、洋服をあれこれ見て、選ぶ楽しさはいくつになったって格別な喜びにかわりない。

義母さん、さすが疲れたのだろう、冷やし中華そばの夕食を食べたらすぐに横になってウトウト。
ステテコパンツはパジャマでオッケー。

......................................
ホホホのお店には、これから即つかえるアクセサリー、追加しました!
見てみてちょー。

IMG_0512.jpg


IMG_0442.jpg

IMG_0456.jpg

....................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。

22日(日曜日)夜は

IMG_0535.jpg

明日のお店の追加にむけていろいろ写真の準備など。
今回、琥珀(こはく)のネックレスがあります。二点。

琥珀って、木の樹脂が土砂などに埋もれ、数億年もの長い歳月をかけて化石化したもの...ということです。

若いころは、あまり興味のなかったのですが、年齢をかさねるとけっこうこういうのが似合ってくる不思議。
見た目よりうんと軽いのですね〜。
IMG_0470.jpg

"幸福をもたらす石""太陽の石""人魚の涙"とか呼ばれていると。
ちょっと調べてみただけですが、興味そそられるもんがありました。

....................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。

WONDER BAGGAGEのリュック

6月のTN小.jpg
14日の東京新聞と中日新聞掲載での「おしゃれのレシピ」大人リュックのことを書きました。
これ↓です。

どこのメーカーのものか?どこに売ってるのか?とのお問い合わせをたくさんいただきました。
ありがとうございます!

エッセイの中で明記するのもあれかな......と思って控えてました...。


「ワンダーバゲージ」というバッグのメーカーです。
検索したみたら見つかりました。

他のバッグもいい感じ〜〜!

私は、東京駅構内にある猿田彦珈琲の雑貨のコーナー(けっこう小さい)で購入しました。

画像ではわかりずらいのですが、サラサラっぽい生地で、且つ撥水効果もありました。


....................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。

黄昏

黄昏01.jpg
「中年の素敵なカップル」を描くことに。しごとで。

中年で素敵なカップルってなかなかねえ。
一見で絵で伝えるとなると、むずかしいもんがある。

近所の公園では、病後のリハビリであろう、杖歩行の奥さんの後ろをそっと見守るように、ご主人さんがついていかれるのよく見かける。
何かあったら即!対応できるようにと、前後になって散歩しておられるご夫婦。
本当に素敵だ。

きびしい現実の中でもかもし出される雰囲気が美しい。
服装の色合いもピッタリだし。

素敵な中年カップルにもいろんな種類がある。

担当さんは、
「たとえば......映画の【黄昏】に出てくるような夫婦とか結城アンナと岩城浩一さんみたいな......」
と具体例をあげてくれた。
わかりやすい例である!

黄昏のDVDがあったので、観ることにした。


ヘンリー.フォンダとキャサリン.ヘップバーンの晩年の映画だ。
中年というより、近づきつつある死期におびえてる夫ってとこもある初老の夫婦。

夫が死にそうになったとき、
「神さま、この人を奪わないでください。お役に立たないただの年寄りです」
と祈る。
ああなんて可愛い。

若い時に観たのと、やはり今観るのとでは見方が断然ちがう。
おしゃれなお年寄りのご夫婦〜♪愛し合ってるのね〜、ほのぼのするわ〜、なーんてだけじゃないのである、現実は。

今、この年になって観た「黄昏」は、素敵だけではない切実な映画であった。
それでも、残ったのはあたたかい気持ち。

むか〜し買った映画のパンフレットを引っぱり出してきて読み返す。
黄昏02.jpg

「黄昏」(←夫80才、妻69才)と同じ年齢のご夫婦が知り合いにいる。
より添いかたがソックリだ。
ときおり伺う夫婦喧嘩のネタ、これがまた小さくって可笑しいのである。

黄昏は、現実のほうがゼッタイおもしろいかもね。

DVD観たら仕事にかかろう!と思っていたけど、なんだかジーンとしちゃってワイン飲んで、もうちょっと黄昏れていたい夜だ。

....................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。

日々

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
ただ今多摩市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < April 2017
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のエントリー

月別アーカイブ