ホーム > 日々

着るということ

「着る」ということ、それは年々意味を変えるものだなあと実感する。


今日着た紺サージのワンピースは31年前の。
下の写真は同じワンピースを着た25歳の私です。
ものもちの良さをじまんしてるわけではないけどね。


毎日着るものを選ぶとき、寒い暑いを考慮しながら、無意識のうちにもきっと自分に何かを期待してるんじゃないか?と思うのだ。
がんばれ自分!まだまだいけるぞ我!気持ちよく今日も一日やれますように!てな感じで。

このワンピ、31年前のあるパーティーのタイミングで買ったものだ。
初めてのワイズだった。
私は元気満々であったし、意志は強固なそのころ。
このワンピを着るたびに、そんなことを思い出し、昔の自分に励まされる思いすらする。

パーティー着にしては地味な一着を選んだもんだ。
ケチな私だもの、ずっと着続けようと思ってのことだったのかもしれない。

歳と共に同じ服でも、その意味を変えていく。
服を通して「今の自分」を改めてながめ、「着る」ということは「生きていく」と同義語か?と大上段にかまえてみる。

パーティーでは小さなバッグを持ちハイヒールをはいていたけれど、今ではたっぷり中身の入るバッグを持ち歩く。
靴はぺたんこで。
シワの寄りはじめた首回り、レースのブラウスを重ね着してやんわりとさせる。
もっともっとばあさんになったら、もっともっと違った着方ができる自信があるから、ちゃんと年波に乗りたいと願う。


613.jpg

昔.jpg
あるパーティーとは、結婚披露宴の後の友だちだけのお祝い会。
アタシと家人の。

いじわるばあさん

ba13.jpg

深みどりの帯しめながら、いじわるばあさんはなぜ笑うのだろう。

ba13-1.jpg

ビニールバッグとナイロンスカート

botann .jpg

雨だしこのバッグの出番!と思ってとりだしてみた。
スカートは、薄いナイロン100パーセントでできている。
うんと前のワイズの。
雨の日用のバッグとスカートだ。

ボタンをたくさんつなげてあるネックレスはももママさんが作ってくれたもの。
こんどの三人展の仲間の一人だ。
こんどは、もっとバージョンアップなアクセサリーを制作しているもうようで楽しみ〜。

ポストカード

お店に.jpg
ばあさんはがき.jpg

ばあさんハガキ

かーど.jpg

かーど2.jpg

12人まできたことし、ちょっと飽きてもきたのでばあさんたちをハガキにした。
近々「お店」にも出す予定。
かーど3.jpg

ka-do5.jpg

夕めし後

夕めし後、兄さんをむずかしい角度で見るスー。
右側のごちゃごちゃは、この後にするばあさん材料。
ばあさんたちは皆、食卓生まれ。

120611_203800.jpg

多毛ばあさん

120611_124234.jpg

もろもろとくずれそうな古いレース。
そ〜〜〜〜っと縫い付けた。
120611_124334.jpg

ふくみ笑うばあさん

11人めのばあさん。

120610_225921.jpg


ba11.jpg

おかっぱばあさん


120610_110844.jpg
友だちが、ドイツの蚤の市で「凍えながら選んできた」というボタンを胸に満足するばあさん。
服の布は遊び布さんからの。


120610_110755.jpg
腰に巻いてるリボンは「友くん」のとこからのと、わりとワールドワイドなばあさんになっている。


120610_110947.jpg

もじもじばあさんの服

もじもじばあさんの半身、迷ったすえにふんわりなスカートにした。
どうしてもはきたがっていたので。
ばあさんのくせに似合うし。

120609_144702.jpg

120609_144613.jpg

うしろすがた。
120609_144506.jpg

日々

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
ただ今多摩市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < May 2017
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のエントリー

月別アーカイブ