ホーム > 日々

二分の一計画

身の回りの物の整理を今、はげしくやっている。

先週は、玄関まわりと物干しあたりを攻めてみた。
今日は、食器戸棚を。

食器戸棚はふたつ使っている。
よく使う食器用と、ワイングラスとか重箱とか・・そうひんぱんには使わないものをしまっておく用と。
これを、理由あって、ひとつだけにしようと試みているのである。

5年いえ8年(ユーミン混入)使用してないワイングラスは曇りガラスな趣きになっていた。
気に入りの二個だけを残して、あとは処分箱へ。

どうして45枚も小皿があるんだろう、家には。
10枚で充分ではなかろうか?いや5枚でもいいのでは。

10年未使用の茶托て。
ティーカップ3コに対して6枚のソーサーて。

と、いろいろ処分対象としてダンボール箱に入れていったら、ずいぶんと減らすことができた。
余裕のある食器戸棚の使いやすいことといったら!
おどろくほど出し入れがしやすくなったではないか!

入れ物(戸棚とかタンスなど)には八分目か七分目が気持ちいい分量なんだろうなと改めて感じ入ったことでした。
腹も。

これさえあれば

111117_220854.jpg

糸通しマシーン。
これさえあれば・・というか、これがないと始められないのだ。
針アナって、毎年小さくなってない?と疑いたくなるほどよ。

111117_221019.jpg

おもちゃのようななりをしているくせに、仕事はかくじつに遂行する、ホントえらい赤いヤツなのである。
入っていた箱も説明書もかわいくて、捨てられない。
裁縫のあいぼう、老眼のみかた。

テラスで蚤の市のお知らせ~

すっかり恒例になりました。
三鷹の「カフェギャラリーテラス」での蚤の市。
何回目になるのかな?忘れるほど・・回を重ねてます。

今年最後の市は12月4日(日)です。
時間はAM11時からPM3時ごろまで。

雑貨中心になりそうな感じ。
冬ものの服とか食器とかも並ぶ予定です。

またまた手芸家さんたちの参加もあるんで、布やら手芸雑貨も出ることでしょう。
また色々連絡が入り次第、お知らせしていきます。

「いいもの変なもものいっぱい。そしてお安く!」
のモットーはずっとずっと変わっていません。

テラスにみえるお客さまが、
「今度はいつですか?」
と時々きいてくださるそう。
楽しみに待っててくださる方も増えました。

最初、出すものに出品規制をつけてました。
●木彫りの鮭くわえたクマ
●セッケンの詰め合わせ的なもの
●般若のお面
上記のものか、それにじゅんずるものはNGって。
しか~し・・、ある回で、「鮭くわえたクマ」が商品として並んだのでした。
それはそれはみごとに変身して。
白でペイントされたクマ、ポップなブルーの鮭をくわえて出てきました。(笑いました・・・)
それで売れたのでした。
てな小技を効かせたものもあります。
セッケンも一つ一つ布で包み、おしゃれになって並んだりと。
あたしたちの蚤の市は、一味ちがうのであります!

一見の価値アリ。(ハードル、自ら上げてます)
お楽しみに~!またひとつよろしくお願いします。

ウサギ

111116_122546.jpg


つかう予定もないボタンがたんと入ったボタン箱を開けてはたいへんたいへん迷うのである。
白と黒のウサギ、買った当時はピアスに加工しよう!と思ってはいたのだけれど、な~んか決心もつかないまま十数年。
別々にしちゃってもなあ・・・なんとも気がひけるとこ。
ほら「黒いウサギと白いウサギ」という名作絵本があったっしょ?あれがアタマにこびりついてるのかも・・。あいつらはめでたくつがいになるって結末だったしねえ。

以前、ボタン仲間の友人が、バリから買ってきてくれた大きな貝ボタンがあった。
陽に透かして眺めてはひそかに和んでいた。
それは月にとても似ているように思えたものだ。

満月とくればウサギであろう。
組み合わせてみたらピッタリと似合ったもんだ。
ちょっとだけはみ出すところがまたいい!と相変わらずの自己満足にどっぷりひたった。

白ウサギと黒ウサギを別々の月に乗せて、ブローチにして二個付けしたらつがいのままいけるかな・・・とも思ったけど、揺れるほうがなんだかいいような気がしたので、ネックレスにした。
一羽ずつ走るのもよかろう。

ひとつはお店に。

ボタン箱に眠らせておくより、日のめを見た方がきっといいにちがいないもの。
アップダイクのウサギシリーズは若いころ夢中になった小説だった。
いろんな気持ちを込めながら、今は走れウサギのネックレスを胸で元気に揺らせてみる。

愛するってこわい(じゅん&ネネ)

家人が・・・自分の写真の方が愛がある!といいはるのだが・・・。(家人撮影)
246791_132079206866262_100001925493483_207960_36664_n.jpg


私だってすっごい愛こめてまんがな。(アタシ激写)
スウ.jpg

♪ほほに小さな泣きぼくろ~かわいい人よなぜ泣くの~♪ってかあ?
(スイスイ歌えるとこが、こわい・・・)

ギャラリー悠玄へ

銀座の「ギャラリー悠玄」では今「おしゃべりなアート展」が開催されている。
130人の作家からなる展覧会だ。

パンフレットより
「この展覧会は、「今、このとき」をテーマに、作家たちの日頃のメッセージを平面・立体、素材を問わず多種多様に表現していただいた作品を三層からなる幽玄空間に、おしゃべりなアートとして展開するものです。・・・・・・・・・・・・・・」


友人も参加しているので、いってきた。
111114_133108.jpg

映像の人あり、手芸っぽい作品あり。
111114_133256.jpg
111114_133330.jpg
友人(安本洋子さん)は銅版画を二点。
最近すこし変わった絵。いいなと思う。

月光荘にも立ち寄る。
ホルンの絵の入ったボタン!・・買わずにはおれなかった・・・。
髪ゴムにするつもりで。
111114_203008.jpg
(直径は2センチよ)

モーニングきんつば

あんこがぎっしり、うすい皮の中におさまり、ずしっといい持ちおもりのするかたまり。
上品ぶってもいない和菓子、それはきんつば。

二年ほど前に姉が買ってくれたきんつばは、それはそれはおいしくて、どこぞのじゃ~?と捨てた包み紙を拾ってシワをのばす。
そこには「和泉庄」と記されていた。
長野県飯田市のお菓子屋さんだそう。

それから帰省するたびに私は必ず買って帰っている。
長野駅前のデパ地下にお店が入っているので、とってもおもとめやすいのである。
家まで待ちきれず、新幹線の中で、ひとりむしゃむしゃ食べることもしばしばだ。

先日、姉が箱入り10個をお土産に持ってきてくれた。
私は本気で一人で全部食べる決意をかためた。
(義母に1個だけはあげた。そこまで非情には・・やはり・・なれまい・・・。ばち当たるし)

しかし、和泉庄のきんつばは、残念にも賞味期間がとても短かった。
そうだ!冷凍しよう!とセロファンに包まれたひとつひとつをばまたラップにひとつひとつ包み、それをジップロックに入れて大事に冷凍庫に収納し、ふふふと笑う。
一週間は楽しめるぞ、ふふふふ。

朝起きたらすぐ冷凍庫から一つを取り出し、自然解凍する。
朝コーヒーといっしょに楽しむのが、おいしさ倍増の奥義。


新しいポストカード 秋冬編

111108_154330.jpg

トップページのイラストのポストカードをつくりました。
お店にあるよ。

お店に


111107_123827.jpg四点だけ追加しました。ネコのもあるよ。

間に合った

友人から、新日曜美術館(NHKの)で
「舟越保武氏の彫刻やるよ!」
と連絡をうけてたのに、先週は出かける用事があったりで、見逃してしまっていた。
今晩の再放送は必ず!とテレビの横に【8時、NHK!!】と張り紙し、そなえた今日。

あ~みられて良かったとしみじみ思う。
すえもりブックスをやっておられる末森千枝子さん(娘さん)のインタビューではジ~ンときた。
苗子さんが広げて見せてくださった絵、天使の絵。この番組以外では見る機会はなかったことだろう。


本当にありがとうございましたといいたい番組だった。
いつかきっと盛岡の美術館に行ってみたい。
二十六聖人を見て感じたい。

日々

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
ただ今多摩市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < May 2017
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のエントリー

月別アーカイブ