ホーム > 日々

いなべ市民講座 パート2

「コミュニティープラザ」という、きれいな建物の2階が今回の会場だった。

会場は100人入るそうだが、申し込みは57名。
当日、「孫の運動会と重なって...」と、キャンセルもでたそう。

わりとゆとりをもったスペース配分で、参加してくださる方の席がしつらえられていた。

司会進行の方や、担当者と打ち合わせ、だいたいの段取りをおしえてもらう。
(まったく緊張もしてない私だった)
いただいた進行表をめくると、最初に、
「今回の講座は、本田葉子さんです。テーマはおしゃれのスランプ楽しく解決!で.....」
と、紹介してくださる文面がある。
それから、開始と。

最後のページには、
「素晴らしい講演をいただきました。皆様いま一度、大きな拍手をお送りください」
とある。
そこ読んだとたん、ゾクッとし、一瞬で風邪をひいてしまった。

きちんとしたレジュメもできていて、書き込み欄もある。
勉強体勢は整えられていたんである。

風邪をひいてしまったらしい私は、のどがイガイガする。
わるい熱もでてきたようだった。
ぼ〜っとしだした。

しかし、会は始められたんです。

   明日に続く

いや......延ばしてもしょうがないんで、続けます。
いちばんの気がかりだった初めて使うパワーポイントだったけど、そこんとこはうまく作動してくれた。
アタシのイラストの拡大率、過去最高を記録したのはまちがいない。
デカデカとスクリーンに次々と映し出されたし。

最初に、おしゃれについて私の思っていること、心がけていることなど話す。
スタート、うまくいってた....と思う。

15分くらいしゃべった後、スクリーンのイラストや写真をみせながら、話す運びに移る。
ちょっと会場が暗くなった。
あ〜、原稿が見えにくいじゃん!
立ってのしゃべりなものだから、原稿との距離もイタイとこ。
マウスクリックしながらだもんだから、気持ちがワシャワシャしだす。

朝、空きっ腹に食べたあんトースト、あんこの隣に添えられていたクリームがチョイ胸焼け気味だったあれ、逆流しだしたのだ。
うっ!マジまずい方向に展開しだした〜....。


あさってに続く


いや、がんばって続けます.....。
静かな会場からは、カリカリとエンピツを走らす音が聞こえてくる。
皆さん、アタシのいうこと、メモをとりながら聞いてくださっている。
急性感冒は、一気に悪化。
悪寒がはしるのに、ブラの下は汗だまりとなっている。
むだ話しのひとつもしててくれればいいのに〜と思うが、熱心な熱い視線しか感じられなかった。

それでも、イラストで見せたことを実際にやってお見せすると、ややヒソヒソ声も聞こえだし、会場の空気がふっと和んだようだった。
「羽織りとスカートに」「スカーフで」など4点ほど、実演(??)した。
「ブツ」持ってってよかった!としみじみ思ったことだった。

あれこれしゃべりすぎで、時間切れ。
パワポの画像、4分の1はお見せできず、残念。
私ってば、途中まで、時計みるの忘れてたしぃ、ばかばかアタシのおバカさ〜ん。

最後に司会者の方、やっぱ、あの決められていたセリフをいってくださった。
「素晴らしい....」のあれである。

会場からは、割れんばかりの、いや、正確には、まばらな拍手をいただいた。

風邪は、瞬間一過性感冒だったようで、終了と同時に完治。


参加者の中に、ba-san人形を持ってこられた方がいらっしゃった。
お帰りの時に、あいさつをしてくれて、ba-sanとの再会をはたした。
知らない人ばかりの間にあって、やっと友人(初対面だけど)に会えた思いで、思わず腕にすがった。
あの腕の温もり、忘れない。
ブログを読んでくださっているとおっしゃる。
友!とよばずして......。

今回、反省するところは山盛りで、省いた方がよかったこと、もっと整理して話さなければいけなかったこと、スライド操作はスタッフさんにお任せして、合図を送ったら次に...とかしてもらえばよかったとか、時間の配分の大間違い、もっともっといっぱいある。


そして、なにより会場に来てくださった方々に心から感謝。
なにか...参考になること、あったら嬉しいのですけど。
でも、勉強したのは私の方です。


帰路では名古屋で赤福餅を買うほどの余裕も。

赤福に付いていた栞を見ながら、いっぷくの夜。
ワシ、くたくただった。
自己戦いすんで日が暮れて眺めるには、ピッタリの絵。
akafuku .jpg

いなべ市民講座 パート1


tamasii.jpg

はい、昨日、いなべ市民講座でしゃべってきました。
わたしは今、脱力放心状態であります。

昨日は、超がつく早朝出発(5時よ!)して、まず名古屋に向かった。
会場に入るのは午後1時でよかったのだけれど、ちょっと多めな余裕をとっときたかったので。
いなべへは、名古屋から桑名にいって、そこからまた北勢線の電車に乗るのである。
北勢線は、1時間に2本しかでていないため、乗り継ぎがうまくできるかも不安だったし。

なにしろ、旅なれてなどまったくなく、しかも方向オンチ者の「一人旅」は難儀なことなんである。
とりあえず、新幹線で名古屋に到着し、朝ごはんを食べようと、喫茶店に入った。
注文するものは、はなっから決めているモーニングセットである。
それも「あんこ添え」でなくてはならない。
名古屋のどこの喫茶店にもあるというウワサのそれは、アタシが入った喫茶店にもあった。
ウワサに間違いはなかった!
あんトースト.JPG
空きっ腹にしみ込むように、あんトーストはおいしかった。
(これが後にとんだことに発展しようとは....)

時間調整と、最後の原稿チェックを熱心に、こ一時間ほどして過ごす。
となりの席の中年女性たちは、朝から上司のうわさ話(←良くない方の)を情熱的にしていた。
これから出社するんだろう.....どこのなんの仕事でも苦労はつきものである。
励まさるる思いすらする。

それから近鉄線に乗って、「その手は...」でその名をはせる桑名に向かう。
焼き浜.JPG
向かい合った座席。
正面に座った女性に話しかけられた。
アタシがバッグに付けてた「ba-san人形」に目をとめてくれたのだった。
「それ、手づくりですか?かわいいですね。どうなってるの?」
と、非常に興味深く見つめ指摘してくれた。
私は、余っている布やこわれて使いものにならなくなったアクセサリーでつくるってことや、ba-sanたちがモデルだということをお話した。

向かいの彼女は64才で、これから入院中のお母さん(92才)の見舞いに行くということだった。
ほぼ毎日通って、はや8年....。
ご主人の転勤生活のことなども語っていた。
日本各地、転勤で回っていたということだった。

うんうんと聞いていたら、急に、
「ご旅行ですか?どちらからみえたの?」
と問われた。
「はい、あ、いえ、まあそうです。東京の多摩からで」

彼女は、正直に自分のことを話してくれたのに、私はちょっとウソをついた。
「仕事です」
といえば良かったんだろう....が。

察するに....彼女の性格上、「どんなお仕事なさってるの?」の流れに発展するであろうことは想像にたやすかったし。
イラストを描いている者だが、しゃべりにいく...ってややこしい説明が必要だろう。
旅っちゃ旅だし、ビッグなウソでもないしと、そこらへんはうやむやのまま、電車を下りた。
しかし、見知らぬ人にba-san人形をほめてもらえて、自信がついた。
半世紀にわたる女の人生話しをうかがえて、とてもおもしろかった。
ありがとうございました。


電車.JPG
北勢線は、思いのほかかわいい電車だった!
かわいい電車にウキウキっと乗車して、ゴトゴト揺られて、目的地「楚原」に向かう。
たったの三両だけの電車だけど、車体は古いながらぴかぴかしていて、電車会社の人に愛されてんだろうなあと思わせてくれる。
中の日よけのブラインドは、紺色のギンガムチェック。
かわいいったらないっしょ。
日よけ.JPG
電車は、民家すれすれのコースをとるところもあった。
江の電並みである。
やっぱ、地域の人にも愛されてるんだろうなあ。
愛を感じながらの33分。
目的地、「楚原」駅に到着。

担当の方が、車で迎えにきてくれるまで、駅前をうろうろする。
ビン.JPG
水色の古びたビンが目にとまる。
なんともかっこいいではないか!
酒屋さんかな?と思って、正面にまわってみたら、八百屋さんだった。
かぶってみたくなる見事なバナナの大きな房がならんでいた。
本気で、買って帰ろうかと思ったほどだ。
(こらえたけどね)

ほどなく来てくださった担当の方と駅前であいさつ。
会場にむかう。
.........................
今日、ここまででお終いにします。

明日、会場でのあれこれを....。
もったいぶってるわけじゃないんだけど、まだ魂が半分ぬけてるし。
あ、パワポ、ちゃんと機能しました!
ばっちりOK!だった!


いろいろ

aki .jpg
秋のおいしいもの、連続でいただく。
幸。
うれし、おいし、たのし、であった。

なのに.....。
期末試験のまっ最中にかぎって小説を読みたくなる気持ち。
わかっちゃいるけど逃げだしたい.....というアレである。

昨夜はソレにおちいった。
用意しときたいもの、もう少しあったし、見直したいものもあったけど、逃避の旅路にでてしまった私だ。

逃避先はエジプト。
ポアロの「ナイルに死す」は前にみたことあったけど、どーしてもまたみたくなってしまったのだ。

もの覚えの悪さは、と〜っても役に立つときがあって、ストーリーの半ばでああそうだった!と思い出すまで「初見」な気分でみられたことだった。

だいたい思い出したけれど、今回はおバカなほどはしゃぎ、こき使われ、それでも純な気持ちの娘さん(小太り)が殺人事件まっただ中で恋におちたりするところが興味深かった。
愛は勝つ...い〜や、純は勝ったのであった。
殺人事件なのに、ハッピーエンドもちりばまっていたのね。

さ〜てと、逃避も限界である。
明日は超早起きして出かけよっと。

おみやげおみやげ

ハガキ1.JPG
週末がどんどん近づいてくる〜....。
いなべ市の市民講座である。

話す内容の原稿みたいなのも用意できたし、お見せする画像の数々もつくった。
一枚一枚につけて話す、コメントも書き出した。
マジ、がんばってこよう!と思うよ。

あと、画像を元にしたイラストの、ポストカードをつくった。
これはおみやげとしてプレゼントするつもりだ。

講座に参加してくださる方の、だいたいの人数もわかったので(申し込み制になってるから)、ちょっと多めの枚数で印刷した。
ハガキ2.JPG

「お手元にお配りしたイラストが、これからどっかに映し出されると思います。『ああ、そういうイラストだったのか』と見てくださればうれしいです」
とかなんとかいいながら、スライド展開に、ってな運びにしたらどうかな〜と思って。

いい話しができたらと思う。

いい話しには、おみやげがつきもの....。
「ええ話しや、おみやげおみやげ」
50代以上にしかわかんないフレーズだろうなあ。

どんぐり

どんぐりが、道にたくさん落ちている今日このごろ。
子どもたちが拾ったり、清掃の人たちが掃き集めたり、犬たちがクンクンとしたり、アタシが踏みつぶしたり、どんぐりも落ちた先によって、その後の人生もいろいろだ。
どんぐりに肩があるなら、ポンとたたいてやりたい。

「落ちどころ」は選べんもんだし、転がった早々に「犬におしっこをひっかけられる」という悲惨なめに合うものも少なくない。

雨あがり、洗顔ずみのどんぐりの面々。
どんぐり.JPG
クンクンする犬。
早朝おさんぽ組におしっこを越されたか?
どんぐり2.JPG
ご用のあと、後ろ足でシャッシャッシャッと砂をかける。
それはとても的外れなところに舞い上がる砂ぼこりだけれど、用足しの後には不可欠な行動らしい。
跡.JPG
蹴散らされ、遠くに飛んでいったどんぐりたち......それもまたそんな運命。

資料づくり、完了

PP.jpg
今週末の、市民講座の資料づくりの最後のおいこみ。
いわしてください、今日だけは。
やったやったやった、パワーポイント。

100ページ超えのを2本しあげた。
さあこれで、イナベへいけます。

そのデーターを運ぶ方法も、CDとUSBのふたとおりで用意した。
どっちかがダメだったら...と思うと、不安で不安で...だったので。

パワーポイントの他にも、画像だけっていうフォルダもつくっといた。
保険である。
こんだけ念の入った保存だもの、ダイジョブヨネ!とふたたび念を押す、自分に。
今回は、いろんなこと勉強したなあ〜と思う。

以前の画像のダメダメさとか。
アタシのパソコン先生がいってた、
「手を抜かずに、ちゃんとやってください」
「テキトーはやめましょうよ」
が、ほとほと今回は身にしみました〜。
アレ、嫌味じゃなかったのね?!


KANJI-Y.jpg
カンちゃんの歌をききながら、こつこつっとあきずに積み重ねた画像。
カンちゃん、どうもね、ありがとね。
いつもおせわになります!

アドバイス

ですよね.jpg
夕方、「友だち編集者さん」からビールのお誘い。
二時間後に、下北沢って。

あたしゃ、いなべ市の市民講座(@28日)の資料作りの真っ最中だった。
アレも見せよう、これもしゃべろう...といろいろ書いたり消したりをくりかえしていたところ。
夜までかかるな〜と思ってたとこに、ビールの誘惑である。

尽きない作業だったし...一息いれたいところでもってことでもあったし...と言い訳しつつ誘いに乗ったアタシは意志薄弱だっただろうか。
ちょっとだけよ〜とカト茶で出かけた。

友だち編集者に、今やってる作業のことや、講座でしゃべろうと思ってることなど相談する。
「一番は、来てくれた人たちに感謝すること。人数には関係ない。」
と、きっぱりいわれる。

自分のいいたいことばかり考えていた私の目からは、ハラハラとウロコが落ちる。
その後も数々のアドバイスをもらう下北ナイト。

一人でもんもんと自己満足っぽく考えていた自己を反省する。

ホワイ?

JT.jpg

朝晩のきもちよさったらない!
薄手の毛布を足で引っぱって、丸まると、うっとりしてしまう。

犬の散歩では、ついつい♪ウインタスプリンサマアンフォオ〜ルゥ〜♪とくりかえし歌いながら歩く。
歩いていたら、ハッと....急にダンガリーシャツを着たくなった。
しばらく着なかったダンガリーシャツ、すぐ出せるだろうか?とか考えていたら、ダンガリーにサスペンダーを装着した自分がアタマに浮かんだ。
なぜだ?

「MUD SLIDE SLIM」だ!
ダンガリーシャツ+サスペンダーをつけたジェームス.テイラーがジャケット写真だったよな.....。
だから、♪ウエンユアダウン♪で、♪ウインタサマアンフォオールゥ〜♪で、ダンガリー、サスペンダー!

ホワイ?な気持ちが解けて、よりいっそうスッキリの秋の朝。

おんなの子

sakityann.jpg
17年前、
「ホンダさんきらい」
「ホンダさんくさい」
と、なんども私にいってくれた小さいおんなの子は、今外国で勉強中。

こんど会うとき、またホンダさんきらいといってくれるだろうか。

午前4時のビッグ肉まん

肉まん.jpg
昨日は、午前中から突っ走った一日だった。
苦楽大小あわせて四つのご用をすませ、帰宅したのは6時半。

そっから夕食のしたくである。
しかし、とことん疲れきった体はもういうことをきかなくなっていた。
家の者らに、
「にく。ぎょざ。しゅまい。れーぞこ。焼いて。食べて」
と遺言し、バッタと失神するかのように行き倒れた....。

ハッと気がついたのは、深夜の2時。
5時間ふか〜く眠ったら、目覚めるものだ。

えっと、だれとつき合うことにしたんだっけ?
急速接近した「パポッち」を選んだんだ。
すでにニックネームで呼び合う仲になっていたことをぼんやりと思い出す。
パポッちは今晩も待っててくれるだろうが、今はちょっと顔もみたくない。

アタシのパソコン先生が、一昨日、エイリアンがどうこういってたけど、はて?どういうことだったのか。
うやむやにしといたら、エイリアンだけに困ることに発展するかも...と思い出し、フォトショを開く午前3時。

私はなにかに取り憑かれたのだろうか...。

あ、アンチエイリアスだった!
取り憑くんだったら、正確に取り憑いてほしいものだと、魔物に文句をいいながらやってみる。

「多角形、投げ輪、磁石」ほ〜。
そゆことだったか。
魔物は、そんなところにも潜んでいた。

急に夕食をしてないことに気がついたら、お腹がぐぐぐぐっとすいてきた。
ビッグ肉まんを温めてひとくち.....また行き倒れ。

固くなっていく肉まんがやけに悲しい。

日々

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
ただ今多摩市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < April 2017
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のエントリー

月別アーカイブ