ホーム > 日々

同じロングTシャツで

120510_180808のコピー.jpg

アメリカ古着のレースのブラウスの着どきを待っていた。
袖の部分に幅広のレースがはめこまれているので、そこんとこを生かす着方をしたかったので...。
これから夏まで楽しめそうだ。

ウエストのベルトのようなポーチ、携帯電話と老眼鏡とPASMOの三点セットをいつも仕込んでいる。
便利すぎて手放せないポーチなのだ。
いまはもうないシャビージェンテイルのオリジナルだった。
15年前に購入した後しばらく放置の後、ばりばりに使っている。
特に老眼鏡入れとして秀逸品。

暑いやら寒いやらで

真夏用のタンクトップをぞろりと長くしたようなロングTシャツと、綿のタートルネックのセーターを重ねて着てみる。
ぞろ〜りのTシャツは、ジャンパースカート風に、ワンピースにと普段に色々と着られて便利ものだ。


no-suri-bu.jpg

このぞろりTシャツは、出先で緊急に買ったものだった。
昨年の盛夏、とあるカフェで、着ていたスカートにどっさりパスタが盛り込まれるというアクシデントにみまわれ、着替えを余儀なくされた。
シャツにもオイルまじりのトマトソースが点々と。

目の前にあったお店「無印良品」で、とにかく一枚で着られるものをとそそくさ〜っと選んでそそくさ〜と着替えた思い出がある。
そんな一枚だったのだけれど、その後このぞろりTシャツは便利に度々着た。

じっくり時間をかけて選びぬいた服が度々着ると約束されるものでもない。
入店3分で手に取った「とりあえず服」が意外と頻繁に着る服になることがある。

あれこれ迷わず、「すぐ着る!今着る!」の気持ちで選ぶのは、案外いいチョイス方法なのかもしれないと思う。

名称未設定 1.jpg
赤色を着たくなるなる季節かな。

丸いえりと、さらさらな着心地が気持ちいいシルクのシャツ。
むかしのギャルソン。

こんな朱色で水玉の帯あげがほしかったので、ほどいて帯あげにしたいなの希望むくむく。

昼間撮っても、鏡の位置を変えてもちゃんとした写真が撮れないってのは....もはや腕だけのせいだな。

かぶとをしまう前に


犬にかぶり物をさせて楽しむ人になろうとは....。

名称未設定 2.jpg

セザンヌをみに

120506_120826.jpg

長野からやってきた姉夫婦と家人とで、セザンヌ展をみに行った。
連休の最後の日、こみこみ、長蛇、押すな押すなでわっしょいわっしょい....な会場模様であろうと想像していったところ、なななんと!
がらんちょー、後、ちょい人数増してきたかな〜なセザンヌ展、ゆっくり鑑賞してきた。

絵画はもちろん、セザンヌさんのアトリエが再現されている一角があり、興味深く眺めてきた。
机、引き出し、棚、食器などが当時のアトリエ風な「小部屋」にしつらえてあった。
(果物いろいろが、テーブルのところに置いてあったけれど、そこ、生のフルーツにすべきとこじゃないか?と思った。プラスティックかなにかの100均ショップに売られてる模型な果物、それはないだろう?5日にいっぺんぐらい新鮮なのに取り替えたっていいんじゃ?)

休憩所のところにモニターがあって、グーグルの例の空からの撮影が映し出されていて、生家とか入り浸ったカフェとか晩年住んでいた場所や家などが臨場感バッチリに映されていた。
解説文章もとってもわかりやすく、フランス全体風景を眺められたのは良かった。
このスペース、おすすめします。
会場のちょっと脇のトイレの並びに設けてあります。

心に残ったのは、パレットだ。
白の油絵の具がこんもりとパレット上に絞り出されて他の絵の具とはじのところが微妙に混じり合っている。
パレットも絵のようだった。

同時開催のエルミタージュ美術館展もいっしょにみると「割引」の特典もあったけれど、今日はやめておいた。
こっちはまた後日と。

最近のかっこ

120505_224543.jpg


いわれる...と思ってはいました....。
「年波部門」の文章ばっかが続き、「おしゃれの波部門」について、最近めっきり書かなくなっていたこと。
自分撮りも少なくなってって、とうとうおしかりをうけました、ので、今日は。

いろいろあったのだ。
まず鏡を変えたこと。
息子の部屋にあった大きなのと交換になった。
映りがと〜っても悪い。
置いてる場所が写真撮るのに、ぜんぜんいいポジションにないとか。

特に夜写真撮ると、ぼけぼけになってしまうし。(相変わらず携帯電話のカメラ)

工夫が必要だな...。

ちょっと鏡の位置とかいろいろ動かしたりして、ちゃんと写真が撮れるように行動します!
「寄る年波とおしゃれの波」ってタイトルだし、おしゃれ部門のほうも同等でいかないと。
はい。

これの季節がやってきた

前にも書いたことがある植物性ゼリーの素「イナアガーエル」
ちょっと暑くなったら、これの出番なんである。
これのいいところは、常温で固まるところとその歯ごたえ。
凝固温度は35〜40℃なので、すぐに固まりはじめる。
ゼリーの歯ごたえを説明するのはむずかしいけれど、噛んだ感じがしっかり感じとれるところがおいしいところ。
歯がうひょうひょ言いよる。

食べ物か?薬品か?すれすれのシンプルパッケージも好ましい。
さすが、寒天のパパなのだ。

120505_214142.jpg

ミルクゼリーや、くだものを入れたのもおいしいんだけれど、なにも混ぜないで固まらせて、黒みつかアイスクリームをのっけていただくのがおいしいと思う。
今日はこどもの日にちなみ、黒みつ&アイスのダブル、豪華にいってみました。
120505_213014.jpg
おいしいでっせでっせ!のイナアガー。

がま

友だちが送ってくれたがま口はシリコン製でぶるぶるっとしたさわり心地が何ともなんとも楽しいもの。
サザエさん風味が見えかくれするとこも楽しい。
120504_173101.jpg
ころ〜んとした形態も好ましく、これまたがま好きな私のストライク!
120504_173007.jpg

付いていたショップカードにサイトが。p+g design
オンラインショップも!
(おお〜!こりゃかわいいやん)

すごい雨

120503_100755.jpg

雨のようすを見ているスー。

ゴールデン

お休み連続を黄金というのもなんだかな〜と思うけれど、ゴールデンウイーク。

石のようにじっとして動かずの我が家である。
草取りなんかしようかなと思うけれど、この雨ではね、なかなかね。

夕べテレビでエルミタージュ美術館のことをやっていた。
新国立美術館にそのうちきっと行ってみよう...と思っていたところ、長野の姉夫婦がセザンヌ展(同時開催)を観に連休中にくるという。
ではでは、セザンヌ展といっしょにエルミタージュからのも見学してこようかなと思ったり。
しっかし、テレビでやったばっかだし、連休中の美術館、どんなもんなんだろうか。

「セザンヌって、えーと、フルーツの盛り合わせの絵とか..だよね」
という私の発言に、家人ふーっと息をもらした。

エルミタージュからはルーベンスの絵画もやって来てるという。
嗚呼あの涙のあのシーン、
「ごらんパトラッシュ、あれがルーベンスの絵だよ」

だめだ、涙腺がもうゆるゆる。

日々

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
ただ今多摩市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < May 2017
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のエントリー

月別アーカイブ