ホーム > 日々

胃薬まで

むすめが作ってくれたカレーが超うまし!だったのでついつい大盛りで。
カオリちゃんの伊豆土産の塩辛が、またとてつもないおいしさで、ついついもりもりっと。
かんてん+白玉+バニラアイス+あんこ+赤えんどう豆のデザートもぺろりしたら、そりゃ胃も怒り出すわいな。

家人から胃薬をいただく.....。

「食欲不振」という四文字、どこさがしても出てこない。

アイショ〜ット!

風呂上がり。
お肌の乾燥はすぐさま始まる.....。
と、わかっちゃいるけどな〜んもつけずに、「たるんでいたい風呂上がり」である。

そんなとき、このアイクリームがとてもよかったのである。(友人Sからいただいたもの)
120828_225213.jpg
ザ•ゴールデンアイショットというペンシル状のアイクリーム。
容器のおしりの部分がくるくる回るようになっていて、回す度にクリームがちょっとずつニョロリと出てくるのだった。
それをそのままつける。

オイル状のクリームよりずっとずっとつけごこちがいい。
朝、まぶたが柔らかく感じる。
と、目の付近だけのケアをしていた一夏。

Sさん、今度会ったらアタシの目元を見つめてちょ〜!
さわってもいいぜ!

フューシャピンクのパンツ

827.jpg
グレーのロングシャツは、両脇が大きく開いているもの。
アオザイ風なデザインだ。
これまた古くから着ている一着なのだ。
10年もの。(とまたモノモチの良さ自慢...)
自慢したいのは、毎年着ているということなのだ。
同色のセットパンツもあり、とても着やすいセットなんである。

今日はいたフューシャピンクのパンツは友だちが作ったものだ。
いつもは家人がはいているものだが、すきをねらってはいている。
(共有ってことでどうかひとつ)

10年ものと新しいパンツはバッチリで、グレーとフューシャピンクはとても合うと思う。

シャツの首回りの開きが大きくて...真夏っぽい気がして、ドットのロングスカーフをひと巻きしてみた。
腕は出しっぱなしだけど、ちょっとずつ秋に近づく着こなしに変えていきたい気分もして。

親方は今日も行く

現場へ、午後から。
H家のリフォームはまだまだ続行中なのである。
家まで迎えに来てもらって、今日は夏休み中の息子と連れ立って行く。
床も壁も張り替えられたリビング、ダイニング、キッチンは見違えるほどにきれいになった。
広々としたリビングルームには、大型のかっこいいソファ(@コストコ)も運び込まれ、犬二頭がのびのびと和んでいた。
黒いソファに黒い犬二頭....とけ込み度100パーセントであった。

現場に到着するやいなや、家主さんに
「ままビールでも。ささ」
とすすめられ、カシューナッツやら漬け物やらでいただく。

その後仕事にかかる。
子どもらは、押し入れを改造したパソコンの小部屋の壁塗りを。
大人らは、主にキッチンの戸棚とか食器棚の整理をした。

H家の人々もアタシもきっとこんな作業をしなかったら、丸一日をテレビか昼寝に持っていかれていただろう...。
ちょっとでも進められてよかったと思う。

玄関まわり、トイレ&洗面所は手つかずの現状まま。
土日仕事だけでは、そう進まないものね。

私もやらなければならないこといっぱい。
もう暑い暑い!なんていってはいられない。

足の指むき出しのサンダルはもうしまおう。
スエードの靴の中敷きを新調しておこうと思う。

きらきらのブローチ

120825_202250.jpg
友だちがくれはったブローチ。
見てるだけで、うはうはしてくるよ。
無地のTシャツにぴったり。
秋になったらブラウスのエリに付けよう。


今日はぐだっと.....家の中で風のいちばんよく通る場所で、寝転がっていた。
そこはスーのスペースなのであるけれど、スーはいつもゆずってくれるのだった。
スーの匂いが満々にする。

スーは玄関のたたきの冷たいところが気に入っている。
もっとクールダウンしたいときは、お風呂場のタイルのところにいる。
冷えたところをよく知っているものだなあと思う。

どちらが涼しいか

ノースリーブと長そで。
どちらが涼しいかといえば、それはノースリーブなのだけれど、気持ち良さをくらべると長そでシャツもだまっちゃいないのだった。
824.jpg
汗をかく部分って、年ごとに移動するような気がしてならない。
昨年は、やけに首の後ろばっかに汗が流れた。
それと、肩と背中の上部のあたりに。
背中の大きく開いたシャツを着ると、汗の行き場がなくて、いつもべたついた感じをしょって歩く気分がしたので、汗吸い込ませるように、綿ショールなど羽織ってすごしていた。

今年は、二の腕のあたりが「汗溜り」となった。
ここもまた行き場をなくした汗が毎度べたべたを残して蒸発していった。
それはもう.....もし虫でもとまったりしたら、きっと身動きできないほどの粘着力を発揮するほどに。

汗の行き場をつくると、汗はそこに吸い込まれる!の去年の約束通りに、長そでシャツを思いきって着てみた。
暑い暑いといいながらも、ほら、秋近いってことでもあるし。
いつもなら、前ボタンをふたつみっつ外して着るけれど、オール留めしてみる。
わりと気持ちよく過ごせた今日だった。

長年使い込んでいるこもの入れの皮ヒモが切れてしまったので、応急手当的にトリコのヒモを付ける。
寸足らずだけど、気に入るヒモが見つかるまでしばらくはこれで。

このところ、水筒には梅干し一個とウーロン茶を入れている。
脱水予防として。
これ、なかなかおいしいよ!
梅干しは大きくて、柔らかいのが良し。

飲み物の好みも年々変化していくようだ。
去年は凍らせたカルピスが好きだったのだけど....。
ba-san?!

原宿にて

カンカン照りの正午、原宿で友だちと待ち合わせる。
二人ともとしもとしだし、ぶらぶらもせずとっとと用事を済ませるべく、とっとと目的だけを完了させる。

ルイ•ヴィトンのショーウインドウに草間弥生さんがいらしたので、かわりばんこに記念撮影をした。
せっかく原宿まで出張ったんだからと...。
これぞ本格的な等身大ba-san人形である。
縁起物の趣。
こうしてみると見た目の迫力はどっこいどっこいである。
120823_142422.jpg

駅前では汗だくの青年ふたりが、「福島の預かり犬」の募金のお願いをしていた。
120823_151845.jpg
用事を済ませた後、一人でコーヒーでもしようともくろんでいたけれど、ドッグフード一箱分にかえることに。
120823_151908.jpg
「ブログに載っけるから写真とってもいい?」
といったらうなずいてくれたので、載せます。

麻のジャンパースカート

ちょっと自分撮りもイラストもさぼっていたので今日は合体で。
夏冬.jpg
麻のジャンパースカートは4年ほど前に買ったものだ。
たっぷりとしていて夏の暑い日には本当に気持ちがいい。
洗っては着、着ては洗いをくりかえしている。
秋にも冬にも。
毛皮のポンチョとブーツを合わせ、カゴも通年営業で使っている。

花火

家人、娘、娘のカレシ(おっと!婚約者となった)とで二子玉川まで花火を見に行く。
まだ日が高いうちに家を出て、6時ごろ会場に到着。
「立ち見禁止」という不思議な立て札、道々途中で何本も見る。
座って見なさいということらしかった。
警備の人に誘導されて、会場入りする。
土手にシートを広げて陣取り、ちゃんと座る。
途中で買ってきた「定番!夏のイベントお楽しみディナー」
こういうのこそ食べたかったものである。
120818_185803.jpg
だんだん暗くなってくる。
気分も盛り上がる。
6時59分からカウントダウンで、ドドドドッカ〜ンと花火打ち上げ開始だ。
120818_180644.jpg
どかんどかんと7時から一時間絶え間なく打ち上がる花火。
120818_190700.jpg
そりゃもういろんなバリエーションがあって、飽きない空だった。

花火は音だ。
あのカラッとした清々しい音があってこその興奮。
音とともに花開く花火に思わずこちらも負けじとおっきな歓声を上げる。
掟やぶりのスタンダップ。
花火の中心に立ち、手を腰にあてて見上げる。
♪ドンと鳴った花火だきれいだな〜空いっぱいに広がった〜しだれ柳が広がった〜♪

焼きイカのにおい、ど〜んとお腹に響く音、夜空のきらきら....。
夏の夜は五感のすべてを刺激してくる。

消えるって美しいねえ〜〜。

シャンプーのかほり

ボク、丸洗いされてきました。120817_104309.jpg

日々

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
ただ今多摩市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < May 2017
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のエントリー

月別アーカイブ