ホーム > 日々

東京新聞  おしゃれのレシピ 2015年 12月12日掲載

IMG_9020.jpg
tn12.jpg
年末年始の慌ただしさと街のキラキラした賑わいに心が躍っていたのはいつごろまでだったんだろう。
クリスマス用品など出し入れのめんどうさを思うと、部屋にツリーを飾る気力も目減りする一方の近年である。

犬の毎日の散歩の途中でつい拾ってしまう椎の実や松かさ。
ひいらぎの葉っぱ、赤い実などを玄関に棚に置いた木の皮の小さいバスケットにぽんと入れておいたらなんとなく数も集まり、いい具合なナチュラルな盛り合わせになった。
それらを使って、リースを作りドアにもかけた。

近しい人と別れのあった年など、身体がよけい重く感じられ年末年始はさらに拍車がかかる。
しかしそれは気持ちのサイズにあった暮らし方を見つけるいいチャンスなんだと思う。
椎の実や松かさ、ひいらぎがこんもりと盛られたカゴが今年のうちのクリスマスシンボルだ。

面倒くさい、おっくうだという気持ちは、なにか別の新しいものを生み出す力。
玄関にあるバスケットが、簡単ながら実に気持ちのサイズにピッタリのデコレーションだと思った。

小枝にコットンパール(綿で作られた軽いパール)を接着してみたら
杉織りのオーバーなど厚地のコートにとても似合うブローチになった。
なんでもやりはじめれば楽しくなってくるこの単純さは宝か?
お正月の玄関ドアのお飾りも、作っておこうと
松かさのリースに松をあしらい......お正月の準備もちょっと始める。
TN12-03hp用.jpg
...................................................................
話しはまったく変わるんだけど......、今日のコロンボはつまらなかった。
「誘拐された花嫁」というの。

コロンボの良さをあそこまで封印するとはビックリである。
目が小さな点々になったよ。

脚本がダメとか?プロデューサーとか?そういう内部事情は全然わからないけれど、会話でじわじわを追いつめていく段取りもナシ、犯人の人間的な魅力もなしだ。
ただのストーカーが思いきった行動(花嫁を連れ去る)をとっただけだった。
最後は、警察官が犯人をバンバンバ〜ンと複数で射殺!である。
それ、禁じ手ではなかったか?おい。
コロンボよ、今日はいったい。
かみさんも怒ってるぞーつまんなすぎて。

でもこれからも見るけど。
.........................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。


ダッフルコート

2015,12,21.jpg

先週の土曜日のマーケットに見えてくださった方のダッフルがかっこよくて!!
紺色の布地に、真っ白のトグル(留めボタン)ダッフルを着ていらした。

清々しいほどのコトントラストで、思わず目をみはったほどだ。
そして思わず、
「それは陶器か否や」
との質問もしてしまった。
陶器だとしたら......けっこう危険であろう。

今年、ダッフルコートはトレンドかもね。
トラッドな物の流行はおもしろくもある。
いろいろなバージョンで出てくるから。

私は昔ながらのダッフルコートが好きだ。
ストレートなラインでわりとビッグなライン。
男性的な仕立て。
そして、「男」が着てこそのダッフル!と思うのは偏見かあ?

女性は、その重さが難関でもあるね。
でも、そしてその重さこそがダッフルの命なのである。
「重いから着られない」
ってんじゃ、そもそもダッフルはNGだ。

ダッフルコートは永遠に重くっていい。
そして体力で着こなすかっこいい外套なんだと思う。


.........................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。

スー色のコート

2015,12,20.jpg
さっき脱ぎっぱなしのコートの上丸まって寝ていたスーさん。
危うく踏みそうになった!!!
ここまで色&毛並みがそっくりだったとは!

丈も幅もたっぷりしたコートは大柄な女性用だったのだろうなあ。
古着屋でも売れ残っていたものだし。
袖丈もけっこうあり、ひと折りして丁度な長さである。

それに太いパンツを合わせて着る。
しかしダボッとした印象になってはダメだ。

頭の毛の分量は小さくまとめて、手袋とスカーフの色で引き締めておく。
ところどころを「小さく&キリッと」と気をつけると、もっさり感を防げると思うのだが。
ちょっとだけ見えるたて縞の靴下で、キリッをもういっちょ加えたのは、ほんの心付けだ。

.........................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。

青山アンティークマーケットへ

2015,12,19.jpg
ゆうべは本当にビックラした。

ブログに明日のマーケット参加のお知らせを書いたり、「なに着た」のイラストをパソコンに取り込んだりしていたら、いきなり画面がピクリとも動かなくなったのだ。
フリーズ。

ブログ更新したあとは、仕事の続きをとっとと片付けちまおう......との野望もあった。
しか〜しおなじ画面をうつし続けるだけのパソコンって気味が悪いな。
バカ野郎...とつぶやいてみたけれど、もう仕事できないんだから、布団にプリース♬ってことなんだ!とも思えて、笑いながら怒る人(@竹中直人)っぽく、にやにやしながらバカヤロ〜〜〜〜〜といいながら早々に就寝。


当日の今日は朝から晴れ渡っていた。
寒かったけれど、12月の寒さはこれが普通である。
青山のマーケットには、ホホホのブログを読んできてくださった方もみえうれしかった。
ありがとうございました!

Yちゃんがパリで買いあつめてきた雑貨やアクセサリーや北欧の雑貨が入り交じる。
ロシアの雑貨もあるでよ。
と「多国籍のブツ」が幸せにならぶんである。
IMG_8996.JPG

もう少し続きを書きたいので、また明日につづくにします。


......つぶやき......
ああスイスイとうごくパソコンってホント気持ちいいなあ。
ありがとう!息子よ。
夕食の鶏肉の盛りよくいたします。


.........................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。

うさぎに会いにいく

2015,12,16.jpg
友だちが最近あたらしい犬を飼いだした。
ブリタニースパニエルという犬種である。
生後9ヶ月の子犬、かわいいかわいいさかりに会いたくて見にいってきたよ〜〜。

手足が長くてスタイルがいい猟犬だ。
出身地はフランス。
ファッショナブルな柄の毛皮はさすが。

やわらかくてすべすべの毛。
するどい歯であちこちかじられると痛い。
抱いていると眠ってしまう。
おしっこプレイスがまだ定まってない。
なんでも口に入れてガジガジかじる。
そんな「おいた」な子犬。
名はうさぎ。
IMG_8985.JPG

一時間ほどさわらせてもらって帰宅。
いえの玄関をあけたとたん、スーのクンクン攻撃にあう。
浮気か嗅ぎ取ったか......。

夕飯の鶏肉、普通より多めにする。


.........................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。


お葬式について考える。私だって。

60才をいくつか超えると、同年代での話題が乏しくもなるねぇ。
●病気の話し(自分の)
●介護の話し(親の)
●お墓の話し(親と自分の)
の、このほぼ三本立てで成り立っているみたいだ。

笑い合いつつも、この話題で回すと小1〜2時間はもつし。
ぜんぜん楽しくないけど、共通の心情の話題として成り立っているんだと思う。

身内の不幸(主にお葬式)は自分におきかえて考えるには、絶好のチャンスなんであるね。
死んだら莫大な金額をお寺に納めたり、理解しかねる行動をしなくてはならない理不尽。

昨日&今日と、家人の叔母さんの死とそのあとの様々を、家人と共有することによってお互いの「葬式観」を考え直し、再認識することができた。
そしてそれはアタシと家人のとはずいぶんと違ったのである。
それでも、
「自分のお葬式はこんな風にしたい」
とお互いに確認しあえた。

生きること死ぬことって、一見ね、正反対のことに思えるけどそれって同じことだと思う。
生死は地続き、同線上である。

これまで何人かのお葬式に参列したけど、この度の「アイ子おばさん」のお通夜&葬式ほど心から楽しめたものはない。
アイ子おばさんの人柄や、取り仕切った喪主さんの人望もあったことはわかるけれど、たったの5人での通夜&葬式ってのは、アタシは初めてだった。
そしてそれがとても楽しかったのある。

終始アイ子おばさんとの楽しかった話題にあふれていた。

自分が死ぬってことはなかなか考えにくい。
誤解もおそれず言うけど、アタシは自分が死ぬのがとっても楽しみなのである。
その日まで、ルンルン(死語かい?)で過ごしたいな、毎日おしゃれして!と思うのである。

「毎日おしゃれ」が生きる事と直結よね。
てか、おしゃれするってことこそ生きてるってことじゃね???


イラスト写真もなくて面目ねえ。
めっちゃ疲れたので、本日これにて。


.........................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。


今日のなに着た

2015,12,14-1.jpg


今年はお葬式が多かった。
母とのわかれを含み、身内親戚で4つも。
お葬式の数え方はひとつふたつでいいのかな?一回ニ回か。

叔母が88才でなくなった。
あいこおばさんはきれいな人であった。
美人は歳をとっても美人なんだなあと思ったよ。
(本人も美人度を自覚していたらしい)

お通夜は本当に身内だけの5人であった。
お経はお坊さんがあげてくれた後、みんなでプリントを見ながら、声を合わせて般若心経を唱えるという全員参加形型だ。

その後は、あいこおばさんの好きだった「五木ひろし」CDをかけての食事会になった。
♬よこはま〜♪たそがれ〜ホテルの小部屋〜〜〜〜♬

お清めのビールをそそぎ合うが、そこはまるで昭和の居酒屋のムード。
葬儀屋さんもなんだかニコニコしてくれて、あいこおばさんもうれしかろう。

♬高田馬場から船に乗ってあの世についた???


......................................................
10年ほど前に作ったアオザイ風の黒い服。
「式」にはなにかと便利な一着となったのは、ツヤのないわりと重めの布で作ったからだと思う。
コートなしでも寒くなさそうだったので、グレーのウールのショールを羽織って出かけた。
白の革手袋をはめるとおされ〜かも!と思って持って出たが、暑くて......すぐ脱いでしまった。


..........................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。

サンタと似ないように

1449989909a1aER3yy6eAdEHY1449989906.gif

公園であそぼうと、家人もいっしょに娘&孫氏と駅前で待ち合わせたけれどなんとうっとおしい霧雨に!

ではではと、屋内焼き肉ランチだ。
焼き肉やのあるデパートの中をうろうろして写真を撮りあったりガラガラポンの福引きをしたり......。
2才8ヶ月って、あんなだったのか?覚えてないけど......やることなすこと、見るものすべてたのしいことだらけのようだ。
笑ってばっかり。
それを見てるこちらは、もっとたのしくなるのだからたまらん。


しかーし、3〜4時間でおなかいっぱいだ。
「かわいさ」と「疲労」って表裏一体だな。


先日のフリマで手に入れた赤いダッフルを着てでかけた。
雨で足元があやうかったので、すべらなさそうな底がゴムのガッチリした靴で。
赤いコートに黒いブーツとなると、この時期の旬な人がいる〜。
襟元にふわふわ物や白色のものを入れると、まるかぶりとなりそうだったので、コートの中は黒のタートルワンピースにしておいた。
ドットのスカーフでターバン。

竹かごには、ウールのショールも入れている。
気温の変化がいちじるしいので気をつけないと!と思って。


..........................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。

小枝に

先月の「東京蚤の市」(@京王閣競輪場)で見つけた木片のチップ。
何につかわれていたのか?とお店の方にうかがった。

「書いてあるのはお酒の名前らしく、たぶん一杯飲み屋やかカフェのようなところでつかわれていたらしい。でもホントはよくわからないんです」
というお返事であった。

何色かあり、どれもシックないい色をしていたけれど3個だけ買ってきた。
IMG_8951.jpg
裏面にブローチピンを接着しブローチにして、3個ならべてつけたらいいなと思って。

リースを作ったときに余った小枝があったので、「これに接着ってのもアリかも」とはりつけてみた。
なんとなく冬のムードただよう小枝の工作物はセーターにつけるのが良い。

IMG_8950.jpg

セーターとバスケットは相性がいいと思うのは、自然素材だからか。
夏に行った横浜の中華街で買った竹かご。
強度はそんなにないけど(板前さんが仕入れに持って行くような竹かごバッグはこれとは違うと思う)冬の日こそ持ちたいと思う。
ダッフルと合いそうだし。


..........................................................
レッドドッグへのボディータッチ&ワンクリックすると、ワンッ!となきます!
(ウソだけど)
ブログランキングに参加しています。

幸せな殺人事件

コロンボ.jpg
午後4時ごろにスーさんの散歩にでる。
ぐるりとあちこち(と言っても近所)めぐって帰宅すると、いい感じに殺人の時間になる。

テレビ、「刑事コロンボ」が始まる時間なのである。

春だったか......【BS】に加入して、料金も払うようになった我が家。
家の者らに「入ろうよー」とせっつかれての加入であったけれど、ここにきて、ああホントに良かった加入して......と感じ入ったアタシである。
コロンボが毎日見られるなんて、なんて素敵なテレビ!とさえ思った。

これも在宅仕事人ならではの味わいである。
やっかいな仕事や家事や片付けをしていても「ああ夕方には彼に会えるんだわ♬」思うとなんとかしのげるのである。

「だまされたコロンボ」に次ぐ翌日の「かみさんよ安らかに」など、もうもう圧巻であった。
胸のすく思いというか、ウフウフウフウフ♪♪笑みが止まらんね。
だまされっぷりも良かったし、反対にだます策略も良かったよ。

本日の「華麗なる殺人」は、まあね普通のね、殺人事件なんだけどね、チョイ役っぽい配役が面白かったのです。
映画俳優という役で、俳優さんが出演。
コロンボに自己紹介のように「○○に出てました」というシーンがあった。
その中に、
「奥様は魔女に出てました」
と言う俳優さんがいた。
そ、れ、は、ダーリン役の人だった!!
けっこうな年配になっていてビックリよ。
なつかしかった!ダーリン!

しかし、私が今夢中になってむさぼり見ている「刑事コロンボ」はいつ頃のものなんだろうか?
かつて......父が(←もうとっくに死んでるけど)
「これは面白いなあ」
と言いながら見ていたテレビ番組である。
たしかNHKで放映されていたのではなかったか??

そうさな、40年ちかく前になるだろうか。
若かった私は、当時面白さをまったく感じていなかったし、なにしろ1時間半超えのミステリーなどまどろっこしくて熱心に鑑賞できなかったと思う。
それが今現在の私は、そーとーの熱量と心の高揚で、日々鑑賞しているのである。

それも、ハイボールOR酎ハイを片手にである。
そしてそれはまさしく、亡き父の姿そのものであるんよ。
コロンボにはハイボールが似合うし♪

毎日毎日、そして明日も私は午後5時から「刑事コロンボ」をテレビで見る。
父といっしょに見る。
いっしょに飲む。
ハイボール。
2杯。
まちがいない幸せタイム。
供養してるのか?それともされているのか?

もうそんなこっちゃどっちでもいいと思える3杯目。
..........................................................
ブログランキングに参加しています。
スカートあたりで、ワンクリックプリーズ!

日々

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
ただ今多摩市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < April 2017
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のエントリー

月別アーカイブ