ホーム > 日々

今日のなに着た

2015,04,03.jpg
ずっと髪ゴムで結んでいたけれど、結わく毛の量が少なくなったのでパッチン留めでもまとめられるようになった。
持っているブローチに似た黒いプラスティックのパッチン留めをみつけたので買ってさっそくつかっている。

今日の強風にもまけずに桜はふんばっていた。

「桜が散るとホッとする...」
と、ハチクロの中で竹本クンがいってた。
ほんとにねぇ。
はらはらしどおしの時期である。

昨年手に入れておいた中学校のうわばきを素足にはいて散歩に。
なんと軽やか〜に歩けることか。


スーさんと桜

幹からダイレクトに咲くやつがいつも気になります。
IMG_6295.jpg
IMG_6296.jpg
ほっこりしているスーさん。
もうすぐ9才。
IMG_6299.jpg
IMG_6303.jpg

今日のなに着た

2015,03,31.jpg
スーさんの散歩コースの公園で孫っちを遊ばせながら、花見ランチ。
渋茶とのりまき(買ってきた)だけど。

Gジャンのかわりにダンガリーシャツを着る。
た〜っぷりしたサルエルパンツを合わせる。
日射しが強かったからもうストローハットだ。

あと11日で2才になる孫っちは、だんだん日本語っぽく話せるようになってきた。
「ここを開けてください」は「ここあくー」。
「嫌です」は「あだー」。
「いらないです」は「ないっ」とかね。
意思の疎通ができるようになると、イライラして大泣きすることも少なくなるようだ。
我が子たちもそうだったのかな?すっかり忘れてしまってる!

「ばぁばぁ、きてー」
といわれて、ほいほい付いて歩くサングラスの奥のアタシの目は、ほそ〜〜くてたれたれだったことだろう。

今日のなに着た

2013,03,30-5.jpg
ポカポカとひんやりが交互になっている季節、羽織りもんがほしくなる。
薄手のカーディガンを羽織りたくなる。

今持っているのは黒色と紺色の二枚。
明るい色のカーディガンがあったらなあと思う。
オレンジ色、若草色、淡いブルーなんかもいいなあ。
やっぱり黒や紺より気持ちもパッとしそうだしね。

ボタンをチェーンでつなげてつくったブローチで留めて着たい!

肌触りがよくて着心地のいいものを見つけたら手に入れよう。


今日のなに着た

2015,03,29.jpg
久しぶりにラジオ体操に参加した今朝。
第一が終わると、木につながれたスーは必ずワンッと一声あげる。
それは「まだ?」といってるかのようだ。
「もうちょっとね〜」
と声をかけながら第二体操もきちんとやり終え、また桜のようすを見ながら散歩の続き。

朝の散歩ではぽつぽつと咲いているだけだったけれど、夕方の散歩のときには三部咲きぐらいになっていた!
昼間あたたかだったもんねー。
木綿のワンピース一枚で過ごすことがもうできるようになったし。

髪にパーマをかけて再びボリュームヘアーに。
より薄い刈り上げ部分と強弱がつき、盆栽感が増してきた。

今日のなに着た

2015,03,25.jpg
またまたぐっと寒い日だ。

スーの抜け毛がまた始まって、毛とほこりがまとまった雲が床を這っている。
いちいち掃除機を出すのがおっくうなので、テッシュで雲を集めてまわっている。
衣替えだもんね、しかたないやね。

ジーパンとタートルネックセーターで一日過ごす。
古い腕時計でつくったブローチを二個付けた。
.................................
毎週楽しみにして見てた「デート 恋とはどんなものかしら」が月曜日に最終回。
「最後から二番目」とちょっと似てたねコレ。
男女の掛け合い漫才っぽところとか、二人で踊るとことか。
「フィガロの結婚」に恋とはどんなものかしらというのがあったけれど、最後のいいところでその曲が流れていた。
やっぱりそこにそう使うよね...と思ったよ。
白石加代子がまたいい具合な不気味さ出てきて、やっほ〜♪であった。
魔法使いっぽくていいなあ白石加代子って。

今日のなに着た

2015,03,23.jpg
ヒョウ柄の服のことを「大阪のおばちゃんや〜ん」などと芸人さんらがテレビで揶揄するたびにそれはいつも笑いを誘い、たぶん...下品風味を感じ合っていたのだと思う。
ざっくりとひとからげにして笑うなんて、大阪のおばちゃんに失敬である!
少なくともアタシの知ってる「大阪のおばちゃん」たちはヒョウ柄を下品になど着てないよ〜。

しかしヒョウ柄ってわりとオシャレのきわどいところに位置してるように思う。
私も大好きな柄でありつつも、なかなかうまく着こなせる自信がなかったので今まで着たことがなかった。
バッグやポーチなどの小物で楽しんでいたけれど、とうとう大物、それもコートに手を出してみた。
きわっきわのおしゃれにチャレンジである。

スニーカーとバスケット......と「はずし」をかけたが成功したかどうか。
ごく普通に自然に着こなせるようになりたいな。
これから楽しみなスプリングコート。うっひょっひょー♪


今日のなに着た

2015,03,22.jpg
両サイドの毛をさっぱりと失ったので大きめのピアスにしないとさみしいと感じてしまう。
日に日にビッグになる。
直径10センチのリングピアスは手のひらにのせてもはみ出るサイズ。
ヘアスタイルチェンジしたからこそ楽しめるおしゃれが増えてうれしい。

あまりはかなかった長めの巻きスカートを久々にはく。
ギャルソンのウールは格別に美味しいのか虫の餌食になりやすい。
いくつもあいた小さな穴を布切れで修繕した。

マガジンハウス70周年記念ということで、GINZAの付録に「おとなのオリーブ」という冊子が付いた。
Oliveの響きにはひきつけられるなあ、いくつになってもなあ。
(下の赤い方は1999年の超特大号)
IMG_6236.jpg
アタシが学生時代のころにはポパイの兄弟誌として、数冊だけ発行されてたんだと思う。(ああ36年前だ)
20代も後半になってから月に2回の発行になったのではなかったか。
それでも読み続けていた。
子どもが生まれてからは、人形やおやつを参考にしてつくったりも。
モデルさんのポーズが独特で、イラストを描くときの参考にもした。


「おとなのオリーブ」では、懐かしい藤阪のりこさんの「わたしだけのお人形」や、堀井和子さんのお料理のページも載っていた!
仲世朝子さんの「のんちゃんジャーナル」はどこだ〜♪とうきうきでページを繰ったけれど、ほりよしこさんの「よりちゃんジャーナル」として特別編で掲載。
でも、藤阪のりこさんのお人形の作り方のイラストは仲世朝子さんでうれしかった。
どこが好きだったのか?と考えると、オリーブのオシャレ精神が好きだったんだと思う。
おしゃれはなにやってもいいんだよ、まず自分が楽しくなくちゃ、おんなじじゃつまらない、人の目なんか気にしないで、お金つかわずにアタマつかって、でもかわいくね〜!という。
そして具体的に見せてくれた。

しかし「おとな」というワードは便利だな。
年齢の棲み分けを、ザックリと一言でまとめる雑誌言葉だと思う。
おばさんもおばあさんも大人に組み込まれるし。
マダムに相当するワードってことなのかな。

oliveのタイトルデザインは堀内誠一さんだった。
楕円とまん丸が5個も入ってるつるつるしたロゴも好きだ。
色んなヘアースタイル(もちろん刈り上げもあったよね)とメイクを見せてくれた宮森隆行さん。
亡くなってしまったけれど、オリーブスピリッツは永遠なりよ。

お墓まいり

IMG_6226.jpg
昨日は「本田の墓」と「義母の実家の墓」のお墓まいりにいった。
どっちも都心にあるので、二カ所をめぐるとなると一日しごとである。
高田馬場と三河島。

二時間かかってお墓に着き、住職さんとちょっと立ち話などもし、そうじ、水かけ、お花、お線香、なむなむで、それぞれ滞在は20分弱である。
それでも済むとホッとする。
やったぞ!と思う。

父が昔していた腕時計があったので、それをなんとかしようと思い続けていた。
ちゃ〜んと動くし狂いもない時計である。シチズンえらい!
ベルトがぼろくなっていたので、濃紺のベルトにチェンジしたいと思っていた。

お墓まいりの帰りに新宿のビッグカメラに寄り道してベルトを新調しようともくろむ。
ビックカメラはすごい人混み!あちこちで外国語がとびかっている。
人をかきわけ、ベルト売り場をさがすも行き着けない。
お店の方に
「腕時計の替えベルトはどこですか?」
とうかがうと、カタコト言葉が返ってきた。
「腕時計ブレスレッドチェンジ?おっけー。トケイブレスレッドはこっちら〜」
だって!!
外人さんの店員もいたのね。
こんな不思議なネジレも普通に生じるビッグカメラだ。
そして親切に「トケイブレスレッド」コーナーまで案内してくれた。

濃紺はなくて、まあまあいいかなと思うブルーのベルトに替えてみた。
一挙に春っぽいカラーの腕時計になって嬉しいよ。

実家のお墓まいりにはなかなか行かないけれど、墓の中の方々との付き合い方はそれぞれに。


LA LA LA.盆栽ヘアー

おくれ毛、ほつれ髪といった「ニュアンス毛」とはいっさい無関係になった私だ。

今朝、そうじをしていたら汗が首筋からそれはもうたらたらと流れ、Tシャツの首周りがびっしょりになった。
あ〜今日はあったかいもんなあ...と思ったがそれだけの理由じゃなかったのね!
今まで汗をせき止めていた毛髪がなくなったものだから、汗がダイレクトに流れ出るのだ。
それはまるで高校球児。(白髪頭だけど)
タオルでまるっと拭き上げればさっぱりする。

家の者らの反応はうっす〜いものであった。
アタシが水丸さんとユーミンで決心をかためて刈ってきたというのに「あんまり変わらないね」という感想である。
2015,03,07-1.jpg
前髪は残しているので、もともとひっつめ髪だったスタイルでは変化率が少ないらしい。

じゃこうしたら?と、ぐいっと長い髪束をてっぺんでまとめて見せる。
2015,03,07-2.jpg
「ああ、そうするとわかるね。上げてる方がいい」
ということであった。

いちばん興味を示したのは義母だった。
「昔、髪の多い人はそんな風に内側を刈り上げていたものよ」
という!大正時代は一般的だったのね〜。
ということは?これレトロ髪ってこと?
そして、美容院を教えてという。
やるのか刈り上げ。
91才、攻めるね〜。

オマケ。
頭髪の分量が四分の一になっても、ふつーに頭部を覆うんですけど。
2015,03,07-3.jpg

日々

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
ただ今多摩市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < April 2017
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のエントリー

月別アーカイブ