ホーム > 日々

続き

私はスーといつもの散歩途中であった。

対面から、なんとも素敵な着物とモンペすがたの女性が歩いて来られる。
黒のベストともコートともいえぬ羽織ものを羽織っている。
あまりのかっこ良さに見とれ、通り過ぎた後も振り返って後ろ姿を目で追った。
後ろエリはブイ字に大きく開いている。

あの羽織ものはいったいどうなっているんだろう?
もう、じろじろ見たくてたまらなくなり、辛抱たまらず駆け寄って......。
「スミマセン!ちょっとお話してもいいですか?」
と、躊躇もなく話しかけていた私であったのだ。

立ち止まってくれた女性は、
「あら、これですか?羽織の袖をとっちゃったものなの。ごらんになります?」
と、こちらはもっと躊躇なくベンチにバッグを置くやいなや、羽織ものをさっと脱ぎ、
「こうなってるのよ」
と広げて見せてくれた。

上から下までもっとよくよく見れば、モンペ風のサルエルパンツにブルーギンガムチェックの絽の着物。
半襟は手ぬぐいみたいな緑の布。
黒足袋は、ところどころ薄くなり、白っぽくなっている。裏生地も黒地で。

もーもーどれをとっても好みなものばっかを着ていらしたのだ。
「パンツはね作ったの。半襟はガーゼ」
いっこいっこ着てるものを説明してくださった。
「そんな風に着こなすなんて、本当に本当に素敵です」
と、コーフンの私は鼻息あらく言った。
「ありがとう。着物は古着屋で500円ウフフ。羽織は母のお下がりよ」
キター♪私のツボに。
今、着物に興味が津々であること、普段にどしどし着たいと思っているがなかなかであることなどをお話したところ、
「昔の人は着物で畑しごともしたし、今よりもっと自由に着こなしていたのよね」
と。

住まいが近所ならいいな〜、もっと話したいな〜と、お家をうかがったら、遠かった...。(伊豆)
たまたま多摩に来ていたということだった。

私は続けて言う。
「お名前とご住所教えていただけませんか」
彼女はあっさりと教えてくれた。

アタシもアタシだけど、彼女もそーとーだと思う。
たった今出逢ったばっかのヘンな女に教えちゃうなんて。
でも....なにか通じ合ったのは確かだと思う。

「失礼ですけど、おいくつですか?」
こんな失敬千万なことも聞いた。
私よりみっつ上だった。
「私は本田といいます。この辺に住んでいます。57歳です」
と聞かれてもないのにトンチンカンの返しをした。
「手紙を書きます!」
とも付け加えた。

「遊びにいらっしゃいよ。電車ですぐよ。いいところたくさんあるの、案内するわ」
そして、
「今度お会いするときは、着物でね!またお会いしたいわ」
と言って、去っていかれた〜〜〜。

これから手紙を書くぞ〜。
こんな出逢いもアリだね。

彼女は綿花栽培もしているという。
興味津々。

ドキドキの朝

私はナンパというものを今朝した。
今手元には、お名前と携帯番号を記した紙切れがある。

「スミマセン!ちょっとお話しても...」
と知らぬ人に道で声をかけたのである。

今もなお(お昼近く)コーフンと嬉しさでドキドキしっぱなしである。


詳しくは今晩....続きを。

朝の一杯

120627_101449.jpg
バナナ一本、牛乳コップ半分とメロン、みんないっしょにミキサーでガ〜ガ〜ッとやり、仕上げにかんてんゼリーを加えて、ほんの一秒二秒ガガっとする。
メロンはやすいやつで充分おいしい。
メロン風味がうまみになる。
これはなんつっても最後に入れるかんてんゼリーの砕けた食感がたまらんのです。
ガガッをほんの少しというところがポイント。

120627_102100.jpg
うまく撮れなかったけれど、少し緑がかった黄色のおいしそうな一杯なんだよ。
当然、お腹もいっぱい。

さらっとした空気


麻&綿の素材はさらっとして気持ちがいい。
若いころは、素足にこのワンピースいっちょうでぶいぶい着ていたものだ。
アクセサリーもなんにもナシの潔い着方をしていた。
今は太さは変わらねど、全面的にヒラメ筋をさらす勇気はすっかり失せている。
かといってタイツでは重くなりそうな気がして、足のこうだけさらしてみた。
下半身を真っ黒にするより、ほんの少しの肌色見せでもすっきり着られるように思うがどうだろ。

626-1.jpg
姉から「もう着ないから」と、たら〜んとしきったカーディガンをもらったので、首巻きとして採用した。
たら〜んがいいあんばいに使える。

若いころと同様な気持ちは、このワンピにはアクセサリーはなにもつけたくないってところだ。
でも年波世代になった今、こってこてのデザインの長いネックレスをつけるのはいいかも?と今日ちょっと思った。
軽い感じのかごバッグを持って...と。

まだまだ現役、30年もののワンピースだ。

私はものもちがいいほうだとやっぱり思う。
使用方法を変えて「好き」は持続する。

どうするどうする

「三人三様展」では東京新聞での連載中のイラストエッセイ【おしゃれのレシピ】の原画も展示する予定だ。
出してみたら100枚以上あった。
見てたら、へたさにしみじみしてきた。
120626_001708.jpg
これら、どうやって展示するんだ?
壁面少ない会場だし...。
かっこいい額(込みのイラスト)メインにしたいし....。

6月も末だというのに

今日は寒いくらいの一日だったけれど、こんな気温は気持ちがいい。
てなことをいっていると、いっきょに気温は上昇していくに違いないのだ。
625.jpg
七分そで、首回りが直線っぽい、そして丈が短いTシャツは、着心地がいい好きなデザインだ。
ラルフローレン、さっすが〜!と思う。
地味な組み合わせになったので、シルバーのバングル(20年前シップスの仕事をした際、現物支給で)や大きい腕時計(家人からせしめた物)をばしばしワイルドに合わせてやったぜ。
おまけに三連リングの指輪の二個づけで、合計6連にしてやったり。
髪を結んだゴムには、キラキラブローチもつけた。

胸元のピンバッジの「H印」はHermesのHではなく、はたまたホンダのHでもなく、HALLYWOOD RANCH MARKETのHなのだった。
でもつけてる気分は変態のH気分であるよ。

入れもんも揃ったし

ばあさん人形お持ち帰り用布袋、完了!
120625_102036.jpg
友だちにお願いして作ってもらった木の額。5個。
120625_102501.jpg

グループ展のこまごまの用意も最終のおもむき....としたいところなんだけど、まだまだ残ってるような気がする。
かっこいい額に入れるイラストもあともう少しだし。

プリントゴッコって、やりはじめると取り憑かれる要素を多分に含んでいるものらしい。
ああ、こうやって手ぬぐいとかプリントしたな〜と思い出したのが悪かった....。
「冷や水」を拭う用にまた手ぬぐい作りたいと、ついつい思ってしまう。
こんなお天気、インクの乾きも悪かろうに。

加えて今週はバツグンに忙しい(時間がない)一週間だ。
苦手な早起きをして、午前中の時間をフルに使っていかないといけないと気をひきしめる。

展覧会ではなにを見ていただきたいのかをもう一度自分にしっかり確認しよう。
意志が散らかってはいけない。
制作するものと今の自分との繋がり、生活との分離と距離。
考えはじめると、手先が冷たくなっていく。


また紙に書き出して、いっこいっこ整理してやっていこう。
ガンバレよ、我。
•市民都民税の支払いに
•仕事のイラスト本日中に
•展覧会のイラスト今晩中に一枚完全仕上げする
•ばあさん袋にアイロンを
•スーの肉を大量に煮込んでおく
•下駄箱の中のへんな匂い。原因つきとめ(カビかあ〜?)
•あ、今日着る服のボタンが取れてる!
•......と、まだまだいっぱいあることよ!

120623_204644.jpg

ばあさん人形を入れる袋を制作中。
長いことしまったまんまだったプリントゴッコを久しぶりに取り出した。
スクリーンのはめ方を忘れてしまっていた!なんてこと!
(5分ぐらいあれこれしたら思い出したけどね)
布用のインクは固まりもしないでちゃんとにょろにょろとチューブから出た。

やっているうちに楽しくなってくる。
そうそう、これこれ〜♪と熱中する午後5時。

作ったばあさんたちを、「三人三様展」で販売しようと思っているので、お持ち帰り用の布袋があったらいいなと思いつき、急きょこんな作業をはじめた。
持ち手はどんなヒモにしようかな....とどんどん仕事を増やしてしまうけれど、思いついてしまったのだからしょーがない。

反のさらしを切った袋だ。
昔、こんなふうにして犬もようのプリント手ぬぐいを作ったことを思い出す。

カタカタとプリンターから出てくる印刷もの。
一枚一枚位置を決めながら、失敗などもちょいちょい混ぜながらするプリントゴッコもの。
時に「便利で早い」は、手作業の楽しさを奪う。

プリントゴッコのスクリーンとランプはもう少しあるので、あとちょっと楽しむつもりだ。

長作のファン

レッツゴー三匹では、長作がいいと思っているばあさん。
120623_145415.jpg

120623_150538.jpg

がんこばあさん

孫がパンと葡萄酒を持ってきても断固拒否する。
120623_022009.jpg

120623_021753.jpg

日々

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
ただ今多摩市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < May 2017
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のエントリー

月別アーカイブ