ホーム > 日々

乾物の幸

IMG_6210.jpg
駅前スーパーの店頭に乾物屋が出ていたので、うひょうひょしながら見る。

乾物屋のおじさんが、
「これ、オレがブレンドしたんだ」
と自慢げに、切り干し大根と乾燥わかめ数種類をもどしてぽん酢で和えたものを食べろ食べろという。
きりぼし大根の甘みがいいあんばいで、「40分も水につければおいしくもどる」とおじさんの言葉にのって購入。
太いひじきも買う。

出汁昆布を選んでいたら、
「こっちので充分うまい出汁がでるからさ、こっちこっち」
と、縛ってある昆布をすすめられた。
一束650円。
からげてある様子もかわいかったのでそれも買った。
乾燥ホタテもほしかったが......高かったので今日のところは。

いっしょにいた友だちが、小さな声で
「めんどくさくない?もどして料理するのって」
といった。

水につけておくだけでおいしくもどり、生のものとはまた違った味わいがある乾物。
保存もきくし、こんな便利で簡単な食べ物たちのことを「めんどくさい」って放棄しちゃうのかい?と思ったよ。

松前漬け用の、するめと昆布をほそ〜く切った一袋も購入。
1000円だったけど、たっぷりあるのがうれしい。
「煮切った清酒をしっかりさましてから入れてな!ミリンなんか入れるのはもっての他だ。するめの旨味が消えちゃうからよ。醬油は食べる時にちょっと味付け程度になっ!最後だよ最後」
口調はぶっきらぼうだけどニコニコと話し、乾物愛が止まらないおじさん。
極めつけは、
「なんかわかんないことあったらオレに電話してよ、番号おしえとくからさ」
と付け加えられた。

モノプリのエコバッグがぱんぱんになるくらいの乾物のお買い物。
おまけにくれた乾燥野菜の一袋もうれしい。
エコバッグがぱんぱんになっても軽い軽〜い♪
乾物っていいことばっかりじゃん。

帰宅してからさっそくおじさんブレンドの切り干し大根とわかめを水につけ、夕食の一品に。
ぽん酢じゃなくて、塩糀と和えて食べた。
うまいぜ乾物!
................................
【追伸】
友だちから教えてもらった干し椎茸の使い方。
多めの水に椎茸をひたして、容器に入れて冷蔵庫に入れておくの。
冷たい水だからゆっくりもどる。
そしてこれでおいしい出汁汁がいつでもつかえるって寸法よ、どうよ!


ワイングラスか?ランプシェードか?

0000.jpg
娘といっしょにユザワヤへいく。
気に入った布があったので、簡単ギャザースカートにしようと1メートル買った。(¥800)

娘が、
「ランプシェードの柄だね」
といった。
え?ランプシェード?と思わず見返す布地。
あは〜ん!そっかー!
アタシはワイングラス柄と思ってたけど、ひっくりかえせばそうなりますわね。
ワイングラス.jpg
鏡の前で腰に布をあてて、布をひっくりかえしたりもどしたり......してどっちにするか考え中。
(まだ縫ってません)
頭を見ては盆栽ヘアーを夢想中。
(まだ刈ってません)

整理、開始

三寒四温の日々とはいいながら、五寒ぐらいの割合ではない?
それでももう厚いセーターなどは洗濯してしまおうかと、洋服棚の整理などはじめる。

昨シーズンはよく着ていたのに、まったく着なかった服も何枚かあった。
スエードの巻きスカートはちょいちょい着てたのに、まったく出番なし。
姉からのお下がりのオーバーコート、コールテンのスカート、赤地に黒模様の入ったギャザースカートなどなど何点か。
どれもに共通なのは、「丈が長めのもの」ということだった。
マイブーム(←死語かい?)は短めだったということか。

2015,03,08.jpg
スエードの巻きスカートの写真、こんなんしか出てこないなあ。
こんな組み合わせで昨年も一昨年も着ていたような気がするが、ボーダーのタートルしかもう着なくなってしまった。

「断舎離」という言葉がすすす〜〜っと脳裏をよぎる。
いつも生活と自分が前向きでいることを目的とした断舎離、時々は必要だ。
洋服棚やクロゼットをスッキリとさせ使いやすくすることはもちろんだけれど、つねに身の回りの物の新陳代謝をよくしていたいと思う。

それはそうといっしょに写っているかもめBA-SAN、どうしてるかなあ...。
.......................................
名刺やタグ作りをお手伝いしたUn duexさんが参加する展示会の情報です!
3月13日~15日
京都 寺町二条
一保堂茶舗
「クロロ」展示会

ストックホルムのブローチ

IMG_6125.jpg
ホホホショップにならべました〜!
お気に入りをみつけてくださいませ。

民芸館へ

IMG_6159.jpg
友だちと、新年ランチをしようと計画。
昨年の秋から会ってなかったものだからいろいろと話すことはあるのだった。

せっかくだからと、民芸館へいく。
「文字の美」工芸的な文字の世界 の展示。

柳宗悦は「美しい書にはどこか模様としての美しさがある......」と説いている。(解説書より)
はい!柳先生アタシもそう思います!

工芸的要素を意識しないで書かれた手紙や私信などにも模様を感じることがある。
リズムのような...。
手書きならなおさらだ。
力の強弱のついた文字には宿るもんが多いし。

昨日は若者らの作品を見、今日は古い書など見る。
半身を土にうめたままの我、学ぶことが多すぎてなかなか半身が穴から出て来れない。

民芸館の玄関の梅がきれい!
梅下美人図を二人交代で撮影しあったおだやかな一日。
(梅下でのポーズ、つけすぎだったわね...とほほ)

新年ランチはお好み焼き。
............................
いつものコートの中は、紺色の厚地ワンピース。

じ〜んとした日

2015,03,02 .jpg
お昼から六本木へ。

武蔵野美術大学の卒業制作展を見にいく。
アクシスギャラリーで明日までの展示、ギリギリで間に合った。
優秀作品40点が並ぶという。

京王線から大江戸線への乗り継ぎがとても便利ということは知ってはいたけれど、あの奈落の底へ向かうようなエスカレーターが恐怖であまり使ったことがなかった。
勇気を出してえの、今日で二度目の乗車である。
奈落の底から這い出し、東京タワーを見ながらアクシスビルまでゆっくり歩く。

作品をひとつひとつ見てまわった。
じ〜んとした。
どれもうらやましいほどの自由さと真剣さにあふれかえっている。
作品のテーマに向かうその真摯さが、現在の我には大きく欠如してるように思われ急に恥ずかしくなり、心のスコップを取り出し穴を掘り深々と埋まった私だった。

37年前、アタシも真剣に卒業制作に立ち向かってたのか?と自問してみる。
「はい、たしか当時は」と自答したので穴から半分掘り出してやった。

しかしなんだなあ...卒制展を都心でやるようになったのね。
そしてどの作品もけっこうなお金がかかっているように見受けられる。
親御さんはさぞ、という思いも拭えんね!
IMG_6152.jpg
いいなあ〜と思った作品の前で記念撮影。
穴に半分を残したままなので半身で......。


..........................................
ラメ入りのスカートは厚地コットン。トレーナーみたいな生地だ。
家の中ではそうは見えなかったかれど、外ではけっこうなキラキラ加減。
シャンパンの泡のようなキラキラなので気持ちいい。
金色つながりで、テリアの大きめネックレスとオレンジ色のピアスをつけた。

1才と91才、お買い物

IMG_6131.jpg
一時体調をひどくくずした義母だったけれど、めきめきと回復。
底力というか、基礎がしっかりしているカラダは強い。
「めっきり脚が弱っちゃって...」
となげきつつ外歩きをしない(できなかった)義母を、娘と連れ出す。
......といっても駅前まで、それも車でイトーヨーカ堂の屋内駐車場@エレベーター前まで乗り付けるっちゅう大名の外遊である。

シニアコーナーで下着とスラックスを選ぶ。
グレーやらダークブルー、薄紫などのくすみ色系が好みの義母。
それを娘と「やんわり阻止」にかかる。
細かな千鳥格子のスラックスが似合ったので、強くプッシュ。
「うん、春らしくていいじゃん」
と娘。
オバアも孫にすすめられちゃあ悪い気もしなかったのか
「そうね、でも派手じゃない?いいかしら?」
とかなんとかいいつつ決定していた。

その後も紺色のTシャツを購入。(娘が買ってあげていた、と明記しておかなくちゃ!)
娘と私は、明るめのピンクシャツを推したが、それだけは受け入れらなかったのか拒否られた。
「ピンクは太って見えるからいやだ」
という理由であった。
やさしい色味のクリーム色とかピンクが似合うのにもったいないなあと思うけれど、本人の意向にそぐわなかったらしょうがない。
が、「死ぬまでおしゃれ計画」はこっちもあきらめない。
じょじょにお互いに歩み寄って意向をくみつつ選びたい。
きれいなオババでいてほしいと願う。

せっかくだから...と駅前にあったサンリオの演し物のおひな様セットの前で記念撮影。


義母、娘、孫っち、息子(オババの助手でついてきてくれた、仕事は主に荷物持ちよ)とランチはヨーカ堂の中のロイヤルホストで。
お子さまランチメニューを義母オーダー。
分量的にちょうどよかったのだ。
お子さまメニュー、あなどれず。
IMG_6145.jpg
「男っぽいモスグリーンのレインコート」には赤い長靴を。
雨の日には欠かせないコーティングバッグを持つ。

今日のなに着た

2015,02,26.jpg
昨日、一昨日と二日連続での都会進出でつかれきった。
ほとほと通勤に向かない体質であると思い知る。(知ってたけど)
毎日毎日通勤している方々を心底尊敬するものである。

食育フェスタの来場者は1万1千人をかるく超えていたそうだ。
すごかったもの人、人、人で。

赤いチェックのシャツはずいぶん前のL.LBeanのものだ。
40代のころだったか、もうチェックが似合わなくなったと思い死蔵してたもの。
最近になって、リターンな色柄が増えた気がして取り出した。
よかった、処分しなくて...と思う。

かなり着込んだシャツだが、さすがアウトドア用品、丈夫につくられているのか劣化は少ない。
よれよれ感を楽しめる。

張りのある厚地コットンのサルエルパンツはコムデギャルソン。
変わった形だけれど、はきごこちがいいパンツだ。

変わった形のものには、オーソドックスものを合わせてバランスを取る。

食育フェスタ

入り口.JPG
昨日と今日の二日間開催された「第5回全調協食育フェスタ」。
両日とも参加してきた。

一日目は、調理技術コンクール全国大会作品展示があり、調理学校の生徒さんたちがたくさん来場していた。
若いってそれだけで熱気を発するね!
全体的に熱いムードがただよっていた。
独創的な料理の実物の展示に私も若いもんに混ざって見入った。

料理の数々の展示に対するように、「第5回 全調協食育フェスタ 調理技術コンクール30年記念の年表」の堂々の展示である。
年表.JPG

左右7.2mのパネルはでかい。
料理の展示コーナーには絶え間なく人がいっぱい集まっているので、正面からの撮影はできなかった。
大きな年表のところどころにアタシのイラストが散りばまってるんだが...。
年表の絵.jpg
ひとつだけ近寄って撮ってきました。

二日目の今日は、そこんとこのコーナーが「日本列島お雑煮あれこれ」の展示と試食の場所に変わった。
こんどは、お雑煮マップが掲げられた。
マップ全容.jpg
会場スタッフの兄さんに頼んで、記念撮影してきたよ。
マップと自分.JPG

食育フェスタ 今日から!

Festa.jpg

「第五回全調協食育フェスタ」が東京国際フォーラムで開かれます。
今日と明日の二日間。
24日は10時から5時までで、25日は10時から4時半までです。

今年もテーマはshoku-ikuでおもてなし。
入場無料。招待券があればいいけど、なくても入れるそうですよ〜。
くわしくはこちらで!
http://blog.livedoor.jp/zenchokyo_festa/archives/42910826.html
食育のキャラクター一家、shoku-ikuファミリーがお出迎え〜!
そら豆のビーンズ氏(お父さん)はいつも通りあいかわらず顔色わるいけど、元気なんです。
お近くの方、食育に興味のあるかた、食べることが大好きなアナタ、是非いってみてくださいませ。
もちろんアタシも両日参加する予定です。
Top.jpg

日々

お知らせ

2017年3月13日
ホホホ以外に.......

カゴ屋さん、メヌイ
http://ameblo.jp/menui-zakka/
と、ココカラ大学という名前のサイトにイラストと文章を連載させていただいてます。
https://kokokaradaigaku.com/
どっちも月に3回ほどの更新。
見てちょ〜よ!

プロフィール

本田葉子

イラストレーター。長野県出身。
ただ今多摩市在住。
お仕事のご依頼はこちら

 < May 2017
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のエントリー

月別アーカイブ